iOSアプリ「Clips」のアップデートができない問題の解決方法

iPhoneアプリ「Clips」がアップデートできない問題に悩まされていました。少し調べてみたところサクッと解決できたのでメモしておきます。

アップデートに居残り続けるアプリ…

少し前からiPhoneの「Clips」というアプリがアップデートできない問題に悩まされていました。

Apple純正の動画編集アプリ「Clips」

他のアプリは普通に「アップデート」をタップで更新されるのですが…なぜかこのアプリだけタップしても一瞬だけ更新アイコンが表示されるものの、すぐに「アップデート」ボタンの表示に戻ってしまうのです。

正直使っていないアプリなので放置していたのですが、アップデート欄にこいつだけ残り続けるのが気持ち悪いので対応することにしました。

サクッと解決

そんなわけでAppleのコミュニティサイトを覗いてみると、すぐに解決方法が見つかりました。

I found I had to launch those two apps first then update them when prompted rather than update them from the App Store app directly.

New iPad and Clips and Apple Store Apps wonR… | Official Apple Support Communities

どうやらApp Storeアプリからではなく「Clipsのアプリを直接起動するとアップデートできるよ!」とのこと。さっそくやってみます。

アプリを起動して「はじめよう」ボタンをタップ。インストールしてから一度も起動していなかった模様…

するとインカメラの立ち上がりと同時に、最新バージョンへのアップデートを促すダイアログが表示されました。このダイアログで「App Store」をタップします。

この流れでApp Storeに飛び、Clipsの「アップデート」をタップするとアップデートが開始されました。

しばらくして無事にアップデート完了です。やったぜ。

Clipsの他にも「Apple Store」アプリでも同様の現象が発生するようなので、Apple純正アプリなど一部のアプリでは直接起動してからアップデートしなければならないケースがあるのかもですね。

ひとまずモヤモヤが解消されてよかったです。