Oculus Quest 2の置くだけ充電を実現。Ankerの充電ドックが快適過ぎる件

お世辞抜きに最高です

2021年6月15日に販売開始された「Anker Charging Dock for Oculus Quest 2」を購入しました。

VRヘッドセット『Oculus Quest 2』の収納と充電を兼用してくれる、Oculus Ready認定の充電ドックです。米国ではすでに販売されていた製品ですが、めでたく国内でも正式販売となりました。

この充電ドック最大の魅力は、Oculus Quest 2本体とコントローラーを置くだけ充電可能にしてくれるという点です。

Quest 2とコントローラーを置くだけ充電仕様に

本製品を使うために、コントローラーの電池カバーを外して単3電池を取り出します。そして付属の充電式電池と専用カバーに差し替えます。

電池とカバー内側の端子位置を揃えると、カバー外側の端子経由で充電できるという仕組みです。

続いてヘッドセット。こちらは磁気USB-Cプラグを端子に差し込みます。

いわゆるマグネットコネクタ形式で充電ができるようになります。

充電ドック側に磁気出力コネクタがあり、ここにQuest 2を近づけると…

カチッと心地良く接続されます。

コントローラー、ヘッドセットともに、まるで公式製品のごとく美しく収まります。

あとは充電ドック背面に付属のUSB-Cケーブルと充電アダプタを接続すれば、置くだけ充電が実現。最大18Wの急速充電が可能で、メーカー公称値では約2.5時間で満充電が完了するとのこと。過充電防止機能も付いているスグレモノです。

夢の置くだけ充電を実現してくれるだけでなく、製品にマッチしたデザインで収納も非常にスマートに行えます。

またひとつ、ケーブルの煩わしさから開放されました。価格は税込み9,900円と少々値が張りますが、Quest 2ユーザーは間違いなく価格以上の価値を感じることができるでしょう。

全Quest 2ユーザーにおすすめしたい製品です。

星影

Tech Hunter代表。マルチポテンシャライト。XRスタートアップでエンジニアリングマネージャーやってます。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好き。 だいたいTwitterに居ます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP