2018年4月から一部プランで有料化。auテザリングオプションの解約方法

auデータ定額20/30、およびauピタットプラン/フラットプランをご利用の方は、2018年3月末までの無料キャンペーン終了後、自動的に通常料金である500円が発生するようになります。該当プランを契約中でテザリングを使用しない場合は、手動でテザリングオプションを解約する必要があります。

データ定額20/30、ピタット/フラットは月額500円に

auでは2018年4月以降、これまで無料となっていた一部料金プランのテザリングオプション利用量が有料化されます。

テザリングオプション利用料、au Wi-Fi SPOT利用料の改定について | スマートフォン・携帯電話 | au

対象となるのはデータ定額20/30、auピタットプラン、auフラットプランのテザリングオプション利用料で、4月から月額500円かかるようになります。

なお、データ定額1/2/3/5、フィーチャーフォン向けプランについては引き続き無料、それ以外のプランでは無料特典期間終了後に月額500円となります。

テザリングオプション | サービス・機能 | au

データ定額20/30、およびauピタットプラン/フラットプランをご利用の方は、2018年3月末までの無料キャンペーン終了後、自動的に通常料金である500円が発生するようになります。

該当プランを契約中でテザリングを使用しない場合は、手動でテザリングオプションを解約する必要があります。本記事では、My auを使ったWebからの解約方法を解説します。

テザリングオプションの解約方法

My auにアクセスしてログイン。「スマートフォン・携帯電話」を選択します。複数回線契約している場合は対象の回線番号を選択して「ご契約内容 / 手続き」を選択。

「ご契約情報」の中の「オプションサービス」を開いて「変更」を選択。

「同意して手続きに進む」を選択。

テザリングオプションの項目で「廃止する」を選択。

一番下の「この内容で申し込む」を選択。

これで変更手続きの受付が完了。テザリングオプションは手続き当日から廃止予定となります。

 なぜテザリングだけが特別扱いされるのか

個人的にはテザリングを利用するのに別途料金徴収するやり方は、非常に印象が悪いです。例えば格安SIM+SIMフリースマホ(キャリアSIM対応機種)の組み合わせであれば、無料で使える機能ですからね。

そもそも端末の機能に対してキャリアが料金をとる意味が未だにわかりません。同じ上限内のデータ通信にも関わらず、テザリングだけが特別扱いで追加料金がかかるというのは理不尽極まりないです。

格安SIMといえばdocomoのMVNOが大半ですが、au回線でもmineoやUQ mobileなどのMVNOがあります。サポートがそれほど不要な方など、キャリアに固執する必要が無い方はサクッと乗り換えた方が精神衛生上よろしいかもしれません。