Androidでのフィッシング詐欺防止にも有効?Chromeのデータセーバーをオンにする

Chromeのセーフブラウジング機能を強化

先日、AndroidのChromeでウェブ閲覧中に突然怪しいページ飛ばされる現象に遭遇しました。

この記事を書いたあと「Chromeのセーフブラウジング機能が強化された」という情報を見かけたので設定方法を書いておくことにします。

iOS版の説明は以下の記事をご参照ください。

データセーバーをオンにする

Chromeのメニューから設定を開き、データセーバーをタップ。

右上のスイッチをタップしデータセーバーをONにします。

この設定をオンにしておくことでセーフブラウジング機能が有効になり、フィッシングや有害なダウンロードの被害から保護してくれるようになります。

なお、以前(「データ使用量を削減」という項目でした)と同じようにウェブ閲覧時のデータ削減機能も同時に有効化されます。

キャリアの通信制限を回避する上でも役立つ機能ですので、基本的には設定をオンにしておくのが良いでしょう。

【参考】お使いのAndroidは有効期限が切れていますというページに飛ばされましたが、明… – Yahoo!知恵袋

星影

Tech Hunter代表。フリーランスエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好きなオタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。