文句なしの納得感。手に馴染むやわらか素材になった新モデル『Inateck Kindle Paperwhite PUレザーケース』レビュー

Inateck製Kindle Paperwhite用レザーケースの新モデル

Inateck様より商品提供いただいた『Kindle Paperwhite PUレザーケース』のレビューです。

当ブログでも以前レビューさせていただいたレザーケースの新モデルとなります。

前面のロゴの位置やケースの内側、コネクタ部分の様子など、基本構造は前モデルとほぼ同じ。

今回大きく変わったのがレザーの外観素材です。

左のブラウンカラーが前モデル。右のブルーが新モデルです。

前モデルでは表面に凹凸があり、やや乾いた肌触りでした。

光の反射や手触りが違う

光の反射も抑えられ落ち着いた印象です。

一方、新モデルでは柔らかなレザー素材になりました。肌触りもしっとりしており「より手に馴染む材質」になっています。

光の反射具合は強めになっていますが、グッと大人っぽく高級感が増しました。「本革仕様の長財布のような素材」と言えばイメージしやすいでしょうか。

素材の高級感が増した分、厚みもほんの少し変化。

とはいえ純正カバーと比べると全然薄くて軽いです。

Kindle Paperwhite本体の取り付けも前モデルと同様。スムーズにピッタリとハマります。

もちろん開閉スリープにも対応。マグネット式なのでパカパカ開くことはありません。

Inateck Kindle Paperwhite用PUレザーカバー(カバー開閉)

前モデルは「本家を超えたかも」と書きましたが、新モデルはそれをさらに上回ってきました。

Inateck Kindle Paperwhite用PUレザーカバー(外観)

こうなってくると気になるのはやはりお値段ですね。執筆時点での価格は2,399円。前モデルと比較すると約400円の違いとなっています。

カラーは全部で4色。今回レビューさせていただいたブルーのほかに、レッド、ブラック、ブラウンが用意されています。

文句なしの納得感

これまで純正カバーやInateck製の前モデルを使ってきましたが、文句なしに今回の新モデルが一番良いと思いました。この価格でこれだけ納得感があるのは本当に素晴らしいです。

もちろん見た目の好みの問題などもありますので、他のケースも見比べて自分に合うものを選びましょう。購入を検討の際は当ブログのレビュー記事もぜひご参考いただければと思います。

持ち歩きにはこれ!Kindle Paperwhite用純正レザーカバーで得られた安心感とプレミアム感

Kindle端末本体のレビューも書いています。

驚きの白さ。Kindle Voyageを1ヶ月使ってみて

Kindle Paperwhite 2015年モデルを購入。2013年モデルから買い換えるべきかお答えします

シリーズ最安の6,980円。無印Kindleキャンペーン情報つきモデルを買ってみた

星影

Tech Hunter代表。全文検索、スマホゲーム、チャットbot、IoTとかやってる雑多なエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、そしてインターネットが大好きなオタク。 だいたいTwitterに居ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。