Apple Watchのソフトウェアアップデート方法

Apple Watchのソフトウェアアップデート

Apple Watchに初めてのソフトウェアアップデート(Watch OS 1.0.1)が配信されました。

パフォーマンスの向上

・Siri
・スタンドアクティビティの計測
・室内自転車および室内ローイングワークアウトのカロリー計算
・屋外ウォーキングおよび屋外ランニングワークアウトの距離とペース
・アクセシビリティ
・他社製App

新しい絵文字のサポート

言語の追加

・ポルトガル語(ブラジル)
・デンマーク語
・オランダ語
・スウェーデン語
・ロシア語
・タイ語
・トルコ語

アップデート方法が少しわかりづらかったのでメモしておきます。

アップデートはiPhoneアプリ側から

アップデートはApple Watchの端末側ではなく、iPhoneアプリ側から行います。

Apple Watchアプリの「マイウォッチ」で「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を選択。

この画面にてアップデート情報をダウンロードします。

アップデートをインストールするためには、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • iPhoneの通信圏内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

iPhone側でデータのダウンロードが終わると、Apple Watchへインストールされます。

しばらく待つとアップデートが完了します。

充電器に接続する必要があるため、外出時にアップデートできないのが少し不便ですね。

できる Apple Watch スタート→活用 完全ガイド
法林 岳之 石川 温 白根 雅彦 できるシリーズ編集部
インプレス
売り上げランキング: 1,080

星影

Tech Hunter代表。フリーランスエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好きなオタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。