Apple Watchが届いたのでさっそく装着してみたら自分の腕の細さに笑った件

Apple Watch届きました

予約開始日の夕方に注文したApple Watchがようやく届きました。

購入したのは「42mmステンレススチールケースとリンクブレスレット」とかいう12万くらいのモデルです。

Apple様お得意のなかなか商品に辿りつけないやつを乗り越えると

出ました。

なるほどね。

付属品はマグネット式の充電ケーブルだけ。

あとお馴染みの全然説明してない説明書ね。

ディスプレイは指紋と傷が付きやすそうな感じなので保護フィルム買おう。

本体裏にマグネット式の充電ケーブルをあてて充電するらしい。

側面にデジタルクラウンとサイドボタン。サイドボタンの方は電源のオン/オフと、iPhone側で「よく使う項目」に登録した連絡先が表示されるだけという糞みたいなボタンだった。

とりあえず電源を入れてペアリングしてみる。

ペアリングの仕方が革新的過ぎて焦った。

凄いけど普通にBluetooth設定からペアリングすれば良いだけでは。

「さしあたりイベントはありません」がイラッとする。普通に予定あるし。

腕に装着するときはバンドのここをぐっと押す。

トランスフォーマー的な感じで外れる。

そのまま付けてみたら全然サイズ合わなくてワロタ。

この細さはあかん。

サイズ調整はブレスレット内側のボタンを押す。

ボタンを押しながらリンク(外れるパーツ)を引くと取り外せる。6個くらい外した。

これでピッタリ。

ぶっちゃけApple Watchの情報全然追ってなくて何ができるのかよくわかってない。

というわけで細かいレビューはおいおい書いてく感じで。

星影

Tech Hunter代表。フリーランスエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好きなオタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。