Google Analyticsで訪問ユーザーの性別、年齢、興味のある分野を知る方法

訪問ユーザーの性別、年齢分布などを確認したい

Google Analyticsではサイトに訪問したユーザーの性別、年齢、どのような分野に興味があるといったユーザー属性の分布を見ることができます。

これらの情報はブログで記事を書く際や、広告出稿でターゲットを絞る際などに使えます。

ユーザー層の分布を知りたい時

Google Analyticsの左メニューより「ユーザー」>「ユーザー分布」>「サマリー」をクリック。

設定が有効化されていれば、年齢分布を示した棒グラフと性別比率の円グラフが表示されます。

「ユーザーの分析」項目の「年齢」「性別」をクリックすると、各ユーザー層のセッション数や直帰率などの詳細を見ることができます。

ユーザーがどんな分野に興味があるか知りたい時

Google Analyticsの左メニューより「ユーザー」>「インタレスト カテゴリ」>「サマリー」をクリック。

ユーザーの興味や関心のある分野の情報が表示されます。

各カテゴリの定義は以下のとおりです。

  • アフィニティ カテゴリ: ハイテク好き、スポーツファン、クッキング好きなど、ライフスタイルの観点でユーザーを識別します。これらのカテゴリの定義は、TV の視聴者の分類と似ています。
  • 購買意向の強いユーザー層: 商品購入に関する興味と関心の観点でユーザーを識別します。
  • その他のカテゴリ: 最も具体性の高い、何かに特化したユーザー層を想定できます。たとえば、「グルメ」というカテゴリはアフィニティ カテゴリに該当しますが、その他のカテゴリには「レシピ / 料理 / 東アジア」というカテゴリを設定できます。

ユーザーの分布と同じように、セッション数や直帰率などの詳細を見ることもできます。利用可能なデータや収集元についての詳細は、Google Analyticsのヘルプページをご参照ください。

ユーザー属性とインタレスト カテゴリについて – アナリティクス ヘルプ

Google Analyticsを導入されている方は定期的に見る習慣をつけておくと良いでしょう。

星影

Tech Hunter代表。フリーランスエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好きなオタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。