[PHP] smartyのエスケープ処理

smartyでのhtml出力時、変数名にescape修飾子を付加すると、簡単にエスケープ処理をおこなうことができます。

smartyのエスケープ処理

smartyでのhtml出力時、変数名にescape修飾子を付加すると、簡単にエスケープ処理をおこなうことができる。

|escape

変数名のあとに「パイプ + escape」を記述。

<br />
{$hoge|escape}<br />

パイプの前後にスペースは入れないこと。

オプションで文字コード指定

オプションでエスケープフォーマット、文字コードが指定できる。

<br />
{$hoge|escape:html}<br />

デフォルトのエスケープフォーマットはhtml、文字コードはISO-8859-1となる。

使用できるエスケープフォーマット、文字コードについてはマニュアル参照。

escape | Smarty

星影

Tech Hunter代表。フリーランスエンジニア、ブロガー、ゲーマー。
ガジェット、アニメ、ゲームが好きなオタク。
レビューズ公認レビュアー。各種アンバサダー活動もしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。