PHPの比較演算子「===」がうまくググれなかったので「ジョジョ〜その血の運命〜」を口ずさみながらGoogle検索演算子とかを調べたりした話

Google検索で、比較演算子の検索をしたかっただけなんです。

Google検索では、検索できない記号がある

PHPの比較演算子「===」がうまくググれず、ブルーライトを浴びながら石仮面を被った男のメモ。普通に波紋が使える方は読まなくて良いです。

Google検索では、ほとんどの特殊文字(記号)が検索できない。

Google 検索では通常、ほとんどの句読点や特殊文字が無視されます。ただし Google では、検索での一部の特殊文字の使用をサポートし、検索結果の精度を向上させることを目的に、検索機能の拡充を進めています。

現在サポートされている一般的な記号(順次追加予定)の例を次に示します:

  • プラス記号(+): 血液型 「AB+」や プログラミング言語「C++」などの用語を検索できます。
  • アットマーク(@): ソーシャル タグを検索できます( 「@Google」 や「@ladygaga」など)。
  • アンパサンド(&): 2 つの単語が結び付いて構成される概念や語句を検索できます(「A&E」 や 「Brothers & Sisters」など)。
  • ドル記号($): 価格を表します。たとえば 「nikon 400」 と 「nikon $400」 では異なる検索結果が表示されます。
  • ハッシュタグ/番号記号(#): 流行のトピックを検索できます(「#lifewithoutgoogle」など)。
  • ダッシュ(-): その前後の単語を強く結び付けるのに使用されます(「twelve-year-old dog」 や 「cross-reference」など)。
  • アンダースコア記号(_): 2 つの単語を結び付ける場合は無視されません(「quick_sort」など)。

検索での句読点と記号の使用 – ウェブ検索 ヘルプ

これは検索オプションとして、一部の記号が検索演算子として割り当てられている影響と思われる。具体的には、完全一致検索、特定キーワードの除外、類似語検索などで使用される「”」「-」「*」などが該当する。

Google検索で使える検索演算子については、ヘルプを参照すると幸せになれるかも。
演算子とその他の検索ヘルプ – ウェブ検索 ヘルプ

あれ?「”」「-」とか検索できるんじゃね?

そう、今年のはじめにGoogle大先生の仕様変更により、現在は「”」や「-」など、一部の記号が検索できるようになった。

Google Search, Punctuation Marks and Other Symbols

実際に1つずつ試してみたという方が居たので、具体的にどの記号が検索できるかはこちらを参考に。

記号を1つずつ検索して調べてみると、以下の記号がきちんと検索できました。

  • ! (exclamation mark)
  • ” (quotation marks)
  • # (number sign)
  • $ (dollar sign)
  • % (percent sign)
  • & (ampersand)
  • ‘ (apostrophe)
  • ( ) (parentheses, bracket)
  • – (minus, hyphen)
  • = (equal sign, equal to)
  • ^ (caret)
  • ~ (tilde)
  • | (vertical bar)
  • @ (at sign)
  • ` (grave accent, backtick)
  • [ ] (square brackets)
  • { } (curly brackets, curly braces)
  • ; (semicolon)
  • + (plus)
  • : (colon)
  • , (comma)
  • < (less-than sign)
  • > (greater-than sign)
  • . (full stop)
  • / (slash)
  • ? (question mark)
  • _ (underscore)

一方で、検索できなかった記号は「¥」と「*」の2つ。それから日本語の句読点「、」や「。」なども検索できません。

Googleで記号が検索できるようになっただと!? – F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

だが、これでもやはり記号に文字列が続くものは検索できないとの記載がある。

ブログラミング言語の比較演算子を検索するには

前述のとおり、プログラミング言語で用いられる比較演算子などを、記号のみでググるのは非常に難しい。そこで次に試したくなるのが「読み方」での検索だろう。

ここで「===」についての話を掘り下げる。

多くのプログラミング言語では「=」を等価演算子ではなく代入演算子として用いる。
そのため「等しい」を表す等価演算子として、主に「==」が用いられる。

PHPをご存知無い方のために補足。冒頭に挙げた「===」は、「左辺と右辺の値が等しく、かつ同じデータ型の場合にTRUE」という比較演算子である。

おおよその日本人プログラマーは「=」を「イコール」、「==」を「イコールイコール(またはダブルイコール)」、「===」を「トリプルイコール」などと呼んでいるのではないだろうか。(統計をとったわけではないので、実際は知らんけど)

これをふまえ、PHPのマニュアルで読み方を調べてみた。

Comparison Operators
PHP: Comparison Operators – Manual

「==」が「Equal(イコール)」で、「===」は「Identical(アイデンティカル)」となっている。「Identical」は、直訳すれば「まったく同じ」という意味。なるほど適切だ。

「===」じゃなく「アイデンティカル」でググってみた

じゃあ「アイデンティカル」で、ググってみるお!( ^ω^)

「アイデンティカル」でググってみた

( ^ω^)・・・

一体誰と戦っているんだ

僕は無意味な争いが嫌いです。
不毛な戦いが嫌いです。

比較演算子を調べたい時は、「言語名 比較演算子」などでググってみましょう。

「PHP 比較演算子」でググる

PHPの比較演算子

酒!飲まずにはいられないッ!
あのクズのような父親と同じことをしている自分に荒れているッ!
クソッ!  

※僕の親父は凄く良い人です