iPhone通知センターの天気ウィジェットで週間天気予報を表示する方法(iOS 6以下)

天気ウィジェットについて

iOS 5から搭載された機能「通知センター」では、電話やメールの着信をはじめ、様々なアプリの通知を受け取ることができます。

今回は、標準アプリである「天気ウィジェット」で、週間天気予報を表示する方法について解説します。

設定を含めて順番に説明していくので、すでに天気ウィジェットをお使いの方は読み飛ばしてください。

2013年9月24日 追記:
本記事はiOS 6以下向けの内容です。iOS 7の方は以下の記事をご参照ください

通知センターに天気ウィジェットを表示する

[設定] – [通知] から「天気ウィジェット」をタップします。

通知_天気ウィジェット

「通知センター」を「オン」にします。

天気ウィジェットの通知をオン

これで通知センターに天気ウィジェットが表示されるようになります。

通知センターに天気ウィジェットが表示される

天気ウィジェットには現在地の天気、気温が表示されます。
デフォルトでは気温が華氏で表示されているので、以下の手順で摂氏に切り替えます。

右下の「Y!」をタップすると、Safariが起動してYahoo!の天気ページが表示されます。
全国の天気を見たい場合など、サクッとアクセスできて便利です。

摂氏、華氏の切り替え

天気ウィジェットをタップすると、「天気」アプリが起動。詳細が表示されます。

天気アプリ

画面右下の「i」をタップすると、設定画面が表示されます。

設定画面

画面下の「℃」をタップすると、気温の表示を摂氏に切り替えることができます。
ちなみに左上の「+」をタップすると、地域の追加が行えます。

気温の表示を摂氏に切り替え

これで気温の表示が摂氏になりました。

気温表示が摂氏に

週間天気予報を表示する

通知センター上で週間天気予報を表示するには、特に設定を行う必要はありません。
通知センターの天気ウィジェットを、左右どちらかにスワイプするだけでOKです。

ここでは左にスワイプしてみます。

天気ウィジェットを左右にスワイプ

横から週間天気予報が出てくるので、そのままスワイプ。

週間天気予報が出てくる

週間天気予報が表示されました。

週間天気予報

曜日の下の数値は、最高気温、最低気温です。
現在の天気と週間天気予報は、左右のスワイプで切り替えることができます。

以上です(∩´∀`)∩

星影

Tech Hunter代表。全文検索、スマホゲーム、チャットbot、IoTとかやってる雑多なエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、そしてインターネットが大好きなオタク。 だいたいTwitterに居ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。