純正キーボードが素晴らしい。HUAWEI MateBookの即戦力っぷりよ

来たぜ。即戦力

この記事は『ガジェ獣 Advent Calendar 2016』20日目の記事です。先日勢いでポチったMateBookが届いたのでサクッとレビューします。

IMG_20161214_014455

開封するとさっそくMateBookがおでまし。

IMG_20161214_014537

「初回起動時は電源に接続してから電源ボタンを長押ししてください」

IMG_20161214_014619

付属品は以下のとおり。

IMG_20161214_014942

ACアダプタ / USB Type-C ケーブル / クイックスタートガイド / 本体保証書 / ACアダプタ保証書 / USB Type-C ‒ Micro-USB変換ケーブル / Micro-USB ‒ USB Type-A 変換アダプタ / PCリサイクルシート

付属品は置いといて…

IMG_20161214_015058

手持ちのスタンドに立ててみました。高さ194.1mm、幅278.8mmの12インチ。

IMG_20161214_015145

正面上部には約500万画素のカメラがあります。

IMG_20161214_015730

背面はサラサラした手触り。カラーはGoldにしてみました。背面カメラは無いんですよねぇ〜

IMG_20161214_015122

厚さは脅威の6.9mmです。下部に純正キーボード接続端子。

IMG_20161214_015218

上部に電源ボタンとデュアルスピーカー、デジタルマイク。

IMG_20161214_015248

左側面にイヤホンジャック。

IMG_20161214_015302

右側面には音量調節ボタンと指紋認証センサー、そしてUSB Type-C接続端子があります。

IMG_20161214_015237

重さは約640g。めっちゃ軽い。

IMG_20161214_015324

これ、メモリ8GBでストレージ256GBのWindows 10載ってるPCですよ。

IMG_20161214_015432

数年前の自分に言っても絶対信じないと思う(笑)

IMG_20161214_015405

しかしながら細部の仕上げが素晴らしい。

やるじゃんファーウェイ。

IMG_20161214_015645

ってことで電源入れてきましょう。

( 0w0)ノ ウェーイ

IMG_20161214_021421

てか指紋認証が一瞬過ぎてマジでヤバい。Windows PCってこんな一瞬で起動できるもんだったの。

解像度は2160 × 1440ピクセルでございます。

スクリーンショット (18)

デフォルトだと150%に拡大されているため文字とか全体的に大きめに見えますが「ディスプレイのカスタマイズ」でサイズ調整できるので、ご自分の見やすい設定にすると良いでしょう。

以下のキャプチャは、左から順に150%、125%、100%に設定して見た時の当ブログの様子です。ご参考までに。

タブレットPCなので縦持ちで見ることもできます。縦に長いサイトはこちらの方が一画面の情報量多いですね。

これだけでも「閲覧用のWindowsタブレットPC」としてはかなり快適なのですが…やっぱりキーボード欲しいよね。

ってことで、純正キーボードも買っちゃいました。

IMG_20161218_170145

「MateBook Portfolio Keyboard」が正式名称みたいですね。

IMG_20161218_170202

はい来た、ドーン。

APC_0053

表面は革っぽい感じで高級感あります。パッと見おしゃれなカバンみたいですね。

APC_0023

ペロッと開けて。

IMG_20161218_170331

ベローンと伸びます。

IMG_20161218_170352

キーボードは結構しっかりした作りです。

IMG_20161218_170413

出会って4秒で合体。

LRM_20161218_171733

新手のスタンド。

LRM_20161218_171740

購入前に想像していたよりガッチリと支えてくれます。

LRM_20161218_171948

角度は2段階の調節が可能。マグネットで固定されるよ。

打鍵感も良くキーボードの入力めっちゃ快適です。これ使ったらタブレットのソフトウェアキーボードには戻れないっすね。

トラックパッドの感度も悪くないです。左右のボタンクリックも「カチッ」と深めのフィードバックが得られるのでマウス無くても全然いけそうです。

LRM_20161218_171758

そしてこのキーボード、本体を装着したまま畳むとそのままカバーになります。

先ほど「おしゃれなカバンみたい」と言及したので、それっぽく持ってみました。

APC_0052

公式サイト見るともっとおしゃれな写真あるのでぜひ見て欲しい。

実はこのキーボードは約450gでして「あれ…結構重くねーか?」と思ったのですが、これだけしっかりしたキーボードでカバーとスタンドの役割も兼ねていることを考えたらむしろ自然な重さでした。

おそらくこれ以上軽くすると、マグネットの磁力や衝撃耐性を犠牲にすることになるでしょう。

APC_0033

てかめっちゃ良くね?

即戦力余裕でした。

唯一のネックは最小限のインターフェース

正直このスペックのWindowsタブレットPCとしては破格で文句の付けようがありません(笑)

…と言いたいところですが、MateBookには唯一ネックとなるポイントがあります。それは「外部接続のインターフェースがUSB Type-Cのみ」という点です。

IMG_20161214_015529

2016年に出た新型MacBookもそうなんですが、色々できるPCで外部接続端子がUSB Type-Cのみというのは結構厳しいです。これまで使っていたUSB機器の資産がサクッと使えないのって地味に痛いんですよね。

もちろん変換アダプタ噛ませれば使えるわけですが、やはり直接差せる方がスムーズで便利ですからね。薄さの優先であったり、今後のことを考えるとUSB Type-Cの採用は妥当なのかもしれませんが。

まぁ「MateBookでバリバリ作業するぜ!」という方は、この辺りご注意をってことで。

あと僕は絵を描かないので買いませんが、MateBook用のペンもあります。絵を描かれる方は選択肢のひとつとして頭の隅に置いておくと良いかもです。