FREETEL REI「麗」を2週間使ってみた結果…

IMG_8426

SAMURAI REI、入荷しました

気になっていたFREETELのSAMURAI REIアウトレット価格で出ていたので購入しました。

スクリーンショット 2016-07-13 01.02.18

30日間返品・返金キャンペーンみたいなのもやっていたので「微妙だったら返品すれば良いか」的な感じで。

スクリーンショット 2016-07-13 01.02.33

個人的には年始に購入したSAMURAI MIYABIに続いて、2台目のFREETEL端末となります。

アウトレットということでしたが、パッケージや外観含めて新品同然でした。

IMG_8331

IMG_8332

IMG_8333

付属品は本体トレーの下に。

IMG_8354

充電用の電源アダプタとmicro USBケーブル、説明書等が同梱されていました。

本体の色はスカイブルーにしました。重量136g。質感も相まってメチャクチャ軽く感じます。

IMG_8377

アルミ製のフルメタルボディということもあり、昔使っていたiPod Touchを思い出しました。

背面下部にFREETELロゴ。

IMG_8343

カメラはやや出っ張っています。

IMG_8341

底面にmicro USB端子とスピーカーなどが配置。

IMG_8344

上部にはイヤホン端子があります。

IMG_8347

側面右に音量調節ボタンと電源ボタン。

IMG_8346

側面左にはSIMカード(兼Micro SDカード)スロット。

IMG_8349

背面の上下にはiPhone 6ライクな白い線(Dライン)が引かれています。

IMG_8397

厚さは7.2mm。

IMG_8399

正面はまぁ一般的なスマホという感じですね。正面下部中央の物理ボタンは「FREETELボタン」という独自のホームボタンです。このボタンだけでホーム・戻る・履歴ボタン、指紋認証など複数の機能を網羅しています。

IMG_8393

本体の縁は全体的に丸みがかっており非常に持ちやすいです。

IMG_8398

とりあえずSIMカードを挿入。SIMピンは付属しています。

IMG_8362

SIMスロットはmicro SIMとnano SIMの2つありますが国内で使用できるのは1スロットのみ。また、Micro SDカードとnanoサイズのSIMのスロットは共通になっているため、nano SIMを利用する際はMicro SDカードが使用できない点に注意です。

IMG_8363

SIMカードはMIYABIで使っていたものを流用することにしました。

IMG_8364

APNの設定をしなくても自動でモバイルネットワークに接続していました。

2016-07-10 11.21.31

このあたりの挙動はMIYABIと同じですね。

使ってみた

で、起動。

手持ちのMIYABIと外観比較。

IMG_8403

デザイン面ではREIが圧倒的に素晴らしいですね。

ブラウジングもまぁスムーズ。

指紋認証も想像してた以上の認識率で、素早くロック解除できます。

指紋は複数登録できるので「全然うまくいかない!」という場合は、色んな角度のものを登録しておくとよろしいかと。

3Dゲームはそれなりに動くが発熱がヤバい

ゲームアプリで見るとデレステは3D標準判定。

2016-07-11 23.13.09

動作的にはたまにカクつく程度ですが、長時間プレイしていると本体の薄さも相まって発熱がヤバいです。ガチでゲームやるならこの端末はオススメしないです。

また、特定のアプリで決まった動作をすると必ず謎のフリーズを起こして勝手に再起動するなど、ちょこちょこ他端末では見られない挙動をします。あまりヘビーな使い方には耐えられないのかもしれません。

追記:ポケモンGOを快適に遊ぶのは難しかったです

暗所に弱いカメラが残念

カメラについては撮影モードが充実。

2016-07-10 12.23.55

明るい場所であれば画質もまずまず。拡大すると粗が目立ちますが、REI上で見る分にはほとんど気にならないレベルです。

2016-07-10 21.22.17

食べ物だとこんな雰囲気。

2016-07-18 12.04.36

自撮りのビューティーモードでは肌の赤みなどが修正されるので、わりと盛れる感じです。

2016-07-10 21.29.59

ただし服のシワはとれない

残念なのは暗所での撮影にかなり弱いという点です。

2016-07-13 19.39.23

ズームすると絶望的ですね。細かい文字は潰れてしまいます。

2016-07-13 19.44.38

一眼レフカメラと比較するのはさすがに酷でしょうが…ご参考までに。

フリーWi-Fiの利用実態と危険性、その対策は?ノートンWi-Fiセキュリティセミナー参加レポート

FREETELボタンや独自UIが微妙

一見便利そうなFREETELボタン、自分はどうにも慣れませんでした。特にふとした拍子に触れただけでバックキーが動作してしまうのはストレスが半端なかったです。

最新のアップデートを適用するとバックキーの動作を無効化したり機能の割り当てができるなど、ある程度のカスタマイズが可能になっています。

ナビゲーションバーをスクリーンに表示させることもできるのですが「それならスクリーンだけで良くね?」ということになり、FREETELボタンが単なる指紋認証装置と化してしまいます。

また、iOSで使えるようなスワイプランチャーの導入も悪くないのですが、よく使う本体設定へのショートカットが通知領域からアクセスできないのが非常に不便です。

これについては正直「わざわざ潰す意味がわからない」という感想しかありません。

デザインは良いが使い勝手がいまいち

iPhoneライクなデザインは好感触ですが、端的に申し上げて「中身が伴っていない」という印象です。

IMG_8426

初期リリース時での不具合の多さであったり、ソフトウェアの使い勝手であったり、全体的にもうひと頑張りして欲しいところです。手放しで称賛できる端末ではありません。

REIの発売直後、同価格帯でスペック的にも評判的にも上な「HUAWEI P9 lite」が登場してしまったのも痛いところですね。

「デザインにひと目惚れした!」とか「FREETELのSIMとセットで使いたい」といった理由がなければ、P9 liteを選ぶのが無難かと思います。