勝手に入るavastの「ウイルス フリー。」メール署名を消す方法

勝手に入るavastの「ウイルス フリー。」メール署名を消す方法

送信メールに身に覚えのない署名が…

Gmailの送信メールを辿っていると、メールのフッターに「ウイルス フリー。www.avast.com」という署名が入っていることに気付いた。

なんだこれは…

調べてみた

はじめはGmailが出している広告かと思ったが、このような署名が入っているメールはいずれもavastの宣伝リンクだった。調べてみると、どうやらavastを使っているPCからの送信メールで、このような署名が入る仕様になっていることがわかった。

メール クライアント(Outlook または Mozilla Thunderbird など)を使用している場合、アバストは、送信メールの下部にクリーン メッセージ〈旧名メール署名〉を含め、受信者にそのメールがマルウェアのスキャン済みであることを知らせることができます。この設定はデフォルトで有効になっています。

アバスト メール署名設定の管理 | 公式アバスト サポート

確かにWindowsのセキュリティソフトとしてavastをインストールしているマシンがある。普段はMacBookなどの別PCでメールのやりとりをすることが多かったため、こんな署名が入っていることにはまったく気付かなかった。

公式サイトには「受信者にそのメールがマルウェアのスキャン済みであることを知らせることができます。」との記載があるが「ウイルス フリー。」のひとことから、そのような意図を読み取れるメール受信者はまず居ないだろう。

送信側ですらこの説明を見なければ分からないだろうし、デフォルトで有効になっている点も正直どうかと思う。

というわけで、さっそく無効化してみた。

送信メールのavast署名を無効にする方法

この署名を無効にする方法は、先ほどの公式ページに記載されていたため、そのまま手順に従えばOK。

※以下の画面スクリーンショットは「アバスト プレミアム セキュリティ 20.4.2410 (ビルド 20.4.5312.580)」のものです。バージョンにより設定方法が異なる可能性がありますのでご了承ください

アバスト ユーザーインターフェースを開き、[メニュー] をクリック。

[設定] をクリック。

左側のメニューから [プロテクション] – [メイン シールド] をクリックし、[シールドを設定] までスクロールして [メール シールド] タブをクリック。[送信するメールの末尾に署名を追加] のチェックを外す。

これでavastのメール署名が入らなくなる。

ユーザーが意図しないところでこのような挙動を行うのは、ハッキリ言って気持ちの良いものではない。セキュリティ対策のために入れたソフトが、まるでウイルスのような振る舞いをしており大変残念に思った。

星影

Tech Hunter代表。全文検索、スマホゲーム、チャットbot、IoTとかやってる雑多なエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、そしてインターネットが大好きなオタク。 だいたいTwitterに居ます。

コメントを残す