Lenovo IdeaPad Duet Chromebookをポチりました

Lenovo IdeaPad Duet Chromebookをポチりました

5年ぶりのChromebook購入

2020年6月2日に発表された、Chrome OS搭載の2in1ノートPC『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』をポチりました。個人的にChromebookを買うのは『ASUS C200MA』以来なので、実に5年ぶりです。

真のネットブック来た!Chromebook「ASUS C200MA」が思った以上に使えるヤツだった

ポイントがいくらか貯まっていたこともあり、今回はビックカメラで購入。発売日は6月5日です。

スペック概要は以下のとおりです。その他の詳細は製品サイトをご参照ください。直販モデルと量販店向けモデルの違いはよくわからなかった。

OSChrome OS
ディスプレイ10.1インチ WUXGA IPS液晶(1920×1200)、10点マルチタッチ対応
CPUMediaTek Helio P60T プロセッサー(8コア、2.0GHz)
ストレージeMMC 128GB
メモリ4GB
オーディオステレオスピーカー
内蔵カメラ前面:200万画素 FF、背面:800万画素 AF
インターフェースUSB2.0(Type-C)×1(DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き)、専用キーボード接続用コネクタ×1
キーボード78キー、JIS配列
無線LANIEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetoothluetooth v4.2
センサージャイロセンサー、加速度センサー、光センサー
バッテリ駆動時間約10.0時間
本体サイズタブレット本体:約 239.8×159.8×7.35mm
キーボードとスタンドカバー装着時:約 244.9×169.3×18.2mm
本体重量タブレット本体:約 450g
キーボードとスタンドカバー装着時:約 920g
付属品ACアダプター、USBケーブル、キーボード、スタンドカバー、USB Type-C to 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル、マニュアル類

ファブリック素材採用のキックスタンド付きマグネットカバーとフォリオカバーキーボードが付属。

2in1ということでキーボードは着脱式。単体でタブレットPCとして使用できます。

タブレット本体の薄さは7.35mm。重さは約450gです。キーボードとスタンドカバー装着時は約920gとのこと。

カラーは「アイスブルー + アイアングレー」という可愛らしい組み合わせ。

製品写真では英字キーボードになっていますが、仕様を見るかぎり国内版はJIS配列みたいです。

端子はUSB Type-Cオンリーです。まぁChromebookですし、ヘビーな使い方はしないので特に支障ないですね。

パッと見のフォルムはSurface Goですね。

カバーとキーボード付きで4万880円(税別)は安い。直感で「あ、これ良いやつ」と思ったので脳死でポチりました。

ネットサーフィンやクラウドサービス使えば済む作業ならこいつで十分じゃないですかね。メモリ4GBでストレージ128GB、バッテリーも10時間持つバランスの良さ。サブのタブレット兼ノートPCがほしい方や、単純にChrome OS触ってみたい方にはうってつけの製品ではないかと思います。

【2020年06月05日発売】 レノボジャパン Lenovo ZA6F0038JP IdeaPad Duet Chromebook MT アイスブルー「10.1型/MediaTek/eMMC 128GB/メモリー 4GB」 アイスブルー ZA6F0038JP [10.1型 /MediaTek /eMMC:128GB /メモリ:4GB]

追記:レビュー記事書きました!

これは名機。Lenovo IdeaPad Duet Chromebookレビュー

星影

Tech Hunter代表。全文検索、スマホゲーム、チャットbot、IoTとかやってる雑多なエンジニア。最近はロボティクスベンチャーでPMやってます。 ガジェット、アニメ、ゲーム、そしてインターネットが大好きなオタク。 だいたいTwitterに居ます。

コメントを残す