Chromebook C200MAの画面が見づらいのでデュアルディスプレイにしてみたら世界が変わった

C200MAをデュアルディスプレイに

ASUSのChromebook C200MAを買いました。

おおむね良好な印象ですが、ノートPCとしては少々解像度が低い(1366×768)ためフォントの小さいサイトを見る時に目を凝らさなければ読めないシーンに遭遇しました。

画面に寄って見ると普通にドットがわかるくらいなので、最新のスマホや高解像度のディスプレイを見慣れているとやや見づらいです。

IMG_2621

C200MAにはHDMI端子が内蔵されているのでディスプレイにつなげてみました。

IMG_2632

特にドライバのインストール等は不要でHDMIケーブルを接続するだけで映りました。

IMG_2630

つないだディスプレイの解像度は1920x1080ということで、C200MA本体より綺麗で広々と作業をすることができます。

IMG_2633

ちょっとわかりづらいのでスクショで比較。まずはC200MA本体。

Screenshot 2015-09-06 at 22.05.29 - Display 1

続いてデュアルディスプレイ側。作業領域がかなり広がっていることがわかるかと。

Screenshot 2015-09-06 at 22.03.16 - Display 2

画面の見づらさについては、OSのせいではなく単純にディスプレイの違いだということがよく分かりました。

格安のChromebookを買ったは良いが画面が見づらいとお悩みの方は、テレビやPCモニタなど高解像度のディスプレイにつなげてみると世界が変わるかもしれません。

ちなみにWindowsやMacのように、設定でディスプレイの配置や向きも変えられます。

Screenshot 2015-09-06 at 21.01.09 - Display 1

ここまでできると、もう普通のノートPCという感じですね。