衝撃吸収のバンパーフレームで覆われたタフネスボディ「GALAXY S5 ACTIVE」外観レビュー

GALAXY史上最強のタフネスボディ

GALAXYアンバサダープログラムの企画にて、モニターとして「GALAXY S5 ACTIVE」を1ヶ月間お借りすることになりました。

さっそく端末の外観レビューをさせていただきます。

今回お借りしたのはdocomo版であるSC-02G。

Camo GreenとTitanium Grayの2色あるカラーのうち、Titanium Grayが送られてきました。

オモテ面上部にdocomo Xiロゴや各種センサー。

下部には物理キー。左からアプリの起動履歴ボタン、ホームボタン、バックボタンと、GALAXY特有の並びになっています。

本体側面は衝撃吸収のバンパーフレームで覆われています。耐衝撃性能はMIL-STD-810G規格に準拠。ポケットから落とすなど、普段使いで見られる大抵のアクシデントに耐えられます。

電源ボタンは右側面に。

左側面には音量調節ボタンと、好きな機能を割り当てられる「アクティブキー」があります。

イヤホンジャックは上部。

microUSB端子は下部に配置されてます。

背面カバーは網目模様になっていますが、表面はサラサラとした肌触り。

少し出っ張っているカメラ部分もしっかりと保護されています。カメラのすぐ下にはフラッシュや指紋センサーが配置されています。

スピーカーは背面に。

おサイフケータイ、NFCに対応しています。

手元にあった端末と大きさ比較をしてみました。ディスプレイは約5.1インチですがバンパーフレームの分、同じようなサイズの端末よりひと回り大きいです。

標準でバンパーフレームに覆われているため他端末と比べてしっかり握れる点は評価できます。一般的に壊れやすいスマホですが「落としても大丈夫」という安心感は非常に心強いですね。

防水、防塵、塩水耐久まで備えたタフネスボディということで、約1ヶ月間じっくりとレポートさせていただきます。

星影

Tech Hunter代表。SE、スマホゲーム、HR Tech、チャットbot開発とかやってた雑多なエンジニア。最近はIoTっぽいことやってるっぽい。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好きなオタク。 だいたいTwitterに居ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。