そうめんは流しても人生は流されるべからず。6月19日から東急ハンズ各店で「究極のそうめん道」特集開催

日本のそうめんの心得を外国人向けに厳しく伝授

6月19日(月)より東急ハンズ各店にて開催される「究極のそうめん道」特集に合わせ、そうめんの魅力を伝えるWeb動画、Inbound Movie「そ道-THE ART OF SOMEN-」が公開されています。

そうめん研究家、ソーメン二郎さん監修の元、海外の方向けに日本の夏の代名詞ともいえるそうめんの「お作法」を紹介。

海外からやって来た青年が、そうめんのお作法、“そ道(そどう)”を極めた師匠に教わるというストーリー。青年は、“そ道”習得のために、丸太をよけながらそうめんをすすったり、頭から水を被ったりと、厳しい修行をいくつも乗り越えていく。

「そうめんは流しても、人生は流されるべからず」

“そ道”とはいったい…

ソーメン二郎さんからのコメント

そうめんは、日本が誇るすばらしい食文化です。

しかし、ラーメンやそば、うどんが、テレビや雑誌で特集が組まれ、もてはやされているのに対し、そうめんは格下扱いされているように感じてなりません。

そうめんがメディアで特集される機会は滅多にありませんし、「夏の風物詩」の代表格であるにもかかわらず、夏休みの中盤を過ぎる頃には、子供たちから「またそうめん?」「もう飽きたよ」というブーイングを浴びせられます

さらに悲しいことに、そうめんは外国の皆様にはまったく知られていない存在です。

同じ麺類なのに、なぜそうめんだけが国内外でこうも人気がなく、格下扱いされるはめになっているのでしょうか…それは、そうめんが悪いのではありません。

人々がそうめんの魅力に気づいていないだけなのです!

もっとそうめんの美味しい食べ方やそうめんを食べる時の作法を知れば、きっとそうめんの価値も見直されるはず…

そう信じて、日々活動しておりますし、今回のムービーの監修もさせていただきました。

このムービーを観て、そうめんの奥深い魅力をみなさまに知っていただけることを願ってやみません。

ソーメン二郎プロフィール

そうめん研究家。奈良県桜井市生まれ。そうめん製麺所の家系に生まれ、全国各地のそうめんを食べ歩き、そうめん復権活動を日々行う。「ソーメン道」ブログ主宰。

6月19日から東急ハンズ各店で「究極のそうめん道」特集開催

6月19日(月)より、東急ハンズ各店にて、ソーメン二郎オススメの全国各地のそうめんやつゆ、薬味をはじめ、関連グッズなどを一堂に集めた東急ハンズ「究極のそうめん道」特集を開催。

日本三大そうめんである奈良県の「三輪そうめん」、兵庫県の「揖保乃糸」、香川県の「小豆島そうめん」をはじめとする、各地の有名なそうめんを一堂に集めています。

さらに、話題のそうめんスライダーなど、そうめんシーズンをさらに盛り上げてくれる面白グッズも販売するなど、訪れた人がそうめんを食べたくなること間違い無しの内容になっています。

そうめんスライダー

そうめんPOP

※東急ハンズ「究極のそうめん道」特集は、名古屋店・名古屋ANNEX店・あまがさきキューズモール店では実施されません。

7月1日には予約制イベントも開催

ハンズカフェ渋谷店では、7月1日(土)にそ道を極めるソーメン二郎とメディアで話題のそうめん居酒屋「阿波や壱兆」とコラボした至極のオリジナルそうめんメニューを堪能できる「そ道 至極のそうめんを堪能すべし。」イベントを開催。

イベントでは「ソーメン二郎」「東京で唯一のそうめん居酒屋“阿波や壱兆”」「東急ハンズ」のトリプルコラボで完成した至極のそうめんを堪能できます。また、ソーメン二郎氏による楽しい「そ道」講座もあるとのこと。

阿波牛ローストビーフとクレソンの半田そうめん ~出汁ジュレ&ソテードオニオン出汁~

そうめんが大好きな人だけでなく、今まで食べたことのないそうめんを堪能したい人も大満足のイベントになる模様。

徳島の神山すだちとトマトの三輪そうめん ~阿波や壱兆の定番出汁&青ゆず皮添え~

こちらはWeb予約制のイベントで、予約が予定人数に達した段階で受け付け終了とのことなのでご注意を。

「そ道 至極のそうめんを堪能すべし。」イベント概要

・実施日:7月1日(土)

・時間:①11:00~ ②13:00~ ③15:00~

・場所:ハンズカフェ渋谷店

・参加人数:各回10名様 計30名様

・参加費:1,000円+税

・予約:WEB予約制

(6月19日(月)より応募開始)

URL:https://www.tokyu-hands.co.jp/summer/

※本記事は企業からの情報提供を元に作成しました