手のひらに収まるハイパワーなモバイルバッテリー!RAVPower RP-PB09 7800mAh レビュー

RAVPower RP-PB09 7800mAh レビュー

本記事は、Sunvalley Japan様からのサンプル無償提供によるレビューです。

販売元はSunvalley Japan。日本の消費者には聞き慣れない名前の会社だと思いますが(僕もこの商品で初めて知りました)、AmazonやeBay、Newegg.com等のサイトで、エレクトロニクスアクセサリーなどを販売している会社です。日本のAmazonへの販売進出はつい最近で、今後は日本の消費者に適した商品提供を目指していくそうです。

※記事の最後に、本製品を割引き価格で購入できるAmazonのクーポンコードを記載しています。

開封の儀

外装

外装

外装はなかなか格好良いです。

セット内容

セット内容

セット内容は以下のとおり。

  • RAVpower モバイルバッテリー本体
  • Micro USBケーブル x 2
  • ポーチ
  • 日本語取扱説明書

この手のモバイルバッテリーは、USBケーブルが入っていないケースもあるので、出力端子数に合わせて2本も入っているというのはありがたいですね。

ポーチの生地はベルベットっぽい感じで、触り心地が非常に良いです。メッシュのポーチが付属している製品もありますが、いかんせん安物感が漂うので、個人的にはあまり好きじゃないんですよね。

手のひらに収まるコンパクトさ

以前記事を書いたAnker Astro3Eと比較してみました。

Anker Astro3Eとの比較

Anker Astro3Eとの比較

RAVPower、かなり小さいですね。

iPhone 5との比較

iPhone 5との比較

持っている方が多いであろうiPhone 5との比較。なんと、iPhone 5より小さいです。

厚さ

厚さ

まぁ、その分厚さはあるんですけどね。
容量7,800mAh、重さは172gとなっています。

手のひらに収まるコンパクトさ

手のひらに収まるコンパクトさ

でも、手のひらに収まるコンパクトさ。重みを感じさせません。

端子周り

続いて端子周り。

出力ポート

出力ポートは「OUT1」「OUT2」と、2つあります。

出力ポート

出力ポート

一番左はLEDライトです。こちらについては後述します。

2つの出力ポートは、それぞれ以下の仕様となっています。

  • 出力電圧/電流1:DC 5V/1A
  • 出力電圧/電流2:DC 5V/2.1A

iPadなどタブレット端末を充電する際や、高速充電を行いたい場合は、出力電流の高いポートに接続する形ですね。ポートが2つある製品は、このような仕様になっていることが多いですね。

入力ポート
入力ポート

入力ポート

入力ポートは以下の仕様。

  • 入力電圧/電流:DC 5V/1A

本体の充電は、付属のUSBケーブルのUSB端子を、電源アダプター、もしくはPCのUSBポートに接続、Micro USB端子を入力ポートに接続して行います。

ただし、取扱説明書によると

PCのUSBポートの最大出力電流は0.5Aしかないので、RP-PB09の充電時間は20時間以上までかかります。

とのことなので、高速充電したい場合は、1A出力以上の電源アダプターを使用した方が良さそうです。

充電用の電源アダプターについて

電源アダプターは本製品に付属していないため、自分で用意する必要があります。最近は出力電流も高く、ポート数も多い製品が出ています。

個人的には以下の製品なんてオススメです。家電批評で見かけて「おっ、これは良さそうだな」と思いました。Amazonレビューでも高評価のようです。

ちなみに僕は、以下の製品を使っています。

こちらは数年前の製品でして出力電流も2Aと、バッファローの製品より低いのですが、プラグが可変式になっているため、外出先での使い勝手が良いです。

値段や利便性などを考えて、自分の使い方にあったものを選ぶと良いでしょう。

実際に充電してみた

入出力ポートを確認したところで、さっそく充電してみました。

iPhone、Androidで充電確認
Android充電

Android充電

まずは、先日入手したばかりのHTC J butterfly。
画面がデカいので少し不安でしたが、普通に充電できています。

というかホーム画面ほぼ初期状態(笑)
これからいじります。

iPhone 5充電

iPhone 5充電

iPhone 5も無事に充電できました。

本製品にはApple製品の充電ケーブルは付属していないので、純正のLightningケーブルを使用しています。

どれくらい充電可能なの?

では実際に、どれくらい充電が可能かというと

iPhone5/4S/4を約3回フル充電可能.その他ほぼ全てのスマートフォンを約2~3回フル充電可能

Amazon.co.jp : RAVPower RP-PB09 7800mAh 大容量モバイルバッテリー

とのことです。

僕は10,000mAhのモバイルバッテリーも持っていますが、1回の外出で使い切ることはまず無いです。持ち歩く端末が1〜3台程度の方にとっては、7800mAhは十分な容量だと思います。

ただまぁ、溢れんばかりに端末を持ち歩いている方や、長期外出で電源が確保できそうにないといった方は、10,400mAhのモデルもありますので、こちらをオススメします。

Amazonでは、7,800mAhのモデルと値段がほとんど変わらないようです。

バッテリー残量のインジケータ
残量インジケータ

残量インジケータ

バッテリーの残量は、本体前面のLEDインジケータで確認できます。

手鏡代わりにもなる?

本体前面が鏡面仕様になっているので、ちょっとした手鏡代わりにもなりそうです。

手鏡代わりにも

手鏡代わりにも

ならないですかそうですか。
でも身だしなみチェックは大事ですよ?

LEDライト

最後にもうひとつ、Amazonの商品ページに記載が無かった機能について書いておきます。

出力ポートの説明で少し触れましたが、バッテリー残量のインジケータとは別に、本体下部にLEDライトが付属しています。

LEDライト

LEDライト

電源ボタンを数秒間押し続けることで、このLEDライトをオン/オフすることができます。

部屋の電気を落として試してみたのですが、これが結構明るくて、非常時の懐中電灯代わりとして使えるレベルです。

外出時に何かあった際、重宝するかもしれませんね。

まとめ

というわけでご紹介しました「RAVpower RP-PB09 7800mAh」。いかがだったでしょうか。本当にコンパクトで、カバンに入れても気にならないサイズの製品です。

個人的には、10,000mAhのモバイルバッテリーは旅行用などに使うとして、普段の外出時はこれを持ち歩こうかな、と考えています。最後に紹介したLEDライト機能とか、もしもの時に使えると思うんですよね。

大容量バッテリーを持っているけど、実は単なる重りにしかなっていない…なんて方も、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

製品仕様おさらい

最後に製品仕様を載せておきます。

RAVPower - 信頼 · 安価 · 高品質 
RAVPower Dynamo-On-the-Go RP-PB09 大容量モバイルバッテリー(7800mAh容量/1A&2A二つUSB出力ポート)はiPod&iPhone等各種スマホ/ デジタルカメラ/タブレット/Eブック等対応します。

特徴:
- コンパクト&ポータブルのデザインはお客様に完璧なOn-the-Go体験をもたらします。
- 大容量の7800mAhのため、 モバイルデジタル製品の使用時間が大幅に向上され、iPadを一日中使用できます。
- 二つの標準USBポート(1Aと2.1A)を持ち、二つ装置に同時給電できます。2Aの出力ポートによってnew iPadを充電することができます。
- 最高の電池、また航空設備用の材料を使用した、RP-PB09 は市場で最も信頼できるモバイルバッテリーになります。
- マイクロプロセッサーを搭載し、充電と電流出力をコントロールできます。残量はLEDライトで表示します。

製品仕様:
- 容量:7800 mAh
- 入力電圧/電流:DC 5V/1A
- 出力電圧/電流1:DC 5V/1A
- 出力電圧/電流2:DC 5V/2A
- サイズ:95*58*19mm
- 重量: 約172g
- 保証期間:1年

セット内容:
- 1*RAVPower モバイルバッテリー(規格: RP-PB09)
- 2*USBケーブル
- 1*ポーチ
- 1*日本語取扱説明書

※Sunvalley Japan様より、特別にクーポンコードをご提供をいただきました。Amazonの商品ページから購入する際、クーポンコード「65OV79SE」を入力すると、本製品が500円OFFで購入できます。支払い方法を選択するページ、または注文を確定するページで、クーポンコードを入力し適用してください。