NVIDIA GeForce Experienceでドライバのダウンロードに失敗する場合の対処法

一生ダウンロードに失敗するやつ

PC起動時にNVIDIA Broadcastの更新を促すメッセージが表示されたのでバージョンアップを行おうとしたところ、前提条件であるディスプレイドライバのバージョンが古かったためアップデートする必要がありました。

GeForce Experienceでドライバの更新を実行したのですが、何度試してもダウンロード進捗率100%になったあと「ドライバのダウンロードに失敗しました」というエラーが表示され、更新が行えない状況に陥りました。

どうして…

しかもこのエラーメッセージは数秒で消えてしまい、特に対処法も示されないという玄人仕様です。

公式サイトからドライバをダウンロードする

このままでは埒が明かないので、公式サイトからドライバを直接ダウンロードすることにしました。

製品のタイプやシリーズは、GeForce Experienceの設定アイコンを押した時に表示される「マイ・リグ」やNVIDIAコントロールパネルから確認できます。

ダウンロードタイプは、SD(Studio) / GRD(Game Ready)の2種類ありますが、以下のような違いがあるようです。

すべての NVIDIA ドライバーは、主要なゲームおよびクリエイティブ アプリケーション向けの全機能とサポートを提供します。

最新のゲーム、パッチ、ダウンロード コンテンツのサポートを発売したその日からご希望のゲーマーの方は、Game Ready ドライバーを選択してください。

ビデオ編集、アニメーション、写真、グラフィック デザイン、ライブストリーミング等のクリエイティブ作業の安定性と品質を優先するコンテンツ制作者の方は、Studio ドライバーを選択してください。

公式ドライバー | NVIDIA

ダウンロードしてきたドライバを実行。

最新バージョンのグラフィックスドライバーをインストールして更新します(ドライバの表記ゆれが気になる)。

これで前提条件を満たしたため、NVIDIA Broadcastも無事にアップデートすることができました。

GeForce Experience経由でドライバのダウンロードが失敗してしまう場合は、NVIDIA公式サイトから個別ダウンロードして更新を試みると良いでしょう。

NVIDIAさん、エラーメッセージに対処法を一言添えてもらえると嬉しいです。

星影

Tech Hunter代表。マルチポテンシャライト。エンジニアリングマネージャーやってます。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好き。ツイ廃。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP