Macで応答しないアプリケーションを強制終了する方法

Mac アプリケーションの強制終了について

Macを使っていて、アプリケーションの終了を選択しても、グレーのウインドウだけが残留してしまい、起動ができなくなってしまった…なんて経験は無いでしょうか?

僕はつい先ほど、上記現象でどうしようもなくなってしまったアプリケーションがありまして、アプリケーションの強制終了を試みました。

Mac OS Xでは、以下3種類の方法で、アプリケーションの強制終了ができます。

  • Apple メニューから強制終了
  • ショートカットから強制終了
  • Dock のアプリケーションアイコンから強制終了

やったことが無いという方は、いざという時のために、少し練習しておくと良いかもしれません。

Apple メニューから強制終了

Apple メニューから「強制終了」を選択します。

Appleメニューから強制終了を選択

Apple メニューから「強制終了」を選択

「アプリケーションの強制終了」ウインドウが表示されるので、強制終了するアプリケーションを選択し「強制終了」をクリックします。

アプリケーションの強制終了

アプリケーションの強制終了

ショートカットから強制終了

「command + option + esc」キーを押すと、Apple メニューからの強制終了と同様に「アプリケーションの強制終了」ウインドウが表示されます。

「アプリケーションの強制終了」ウインドウから、強制終了するアプリケーションを選択し「強制終了」をクリックします。

Dock のアプリケーションアイコンから強制終了

Dock のアプリケーションアイコンを右クリックし、「option」キーを押し続けている間は、アプリケーションの「終了」が「強制終了」に変わります。

「option」キーを押しながら「強制終了」

「option」キーを押しながら「強制終了」

強制終了したいアプリケーションアイコン上で右クリックし、「option」キーを押しながら「強制終了」をクリックします。

まとめ

僕がMacを使い始めたのは、昨年にMBAを買ってからなので、まだまだ経験が浅いです。ですが、やはりWindowsに比べると、アプリケーションの応答が無いという状況は少ないように感じます。

機会が少ないとはいえ、いざという時に備え、頭の片隅に置いておきたいと思います。

参考

Mac OS X:強制終了を使って応答しないアプリケーションを終了する方法

星影

Tech Hunter代表。マルチポテンシャライト。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好き。 最近はブロックチェーン界隈をうろついてます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP