Windows Server 2012 でアプリケーション起動時の日本語入力をOFFにする方法

OS起動時、コマンドプロンプト起動時の入力方式が日本語入力になっている件

Windows 8 や Windows Server 2012 を使っていると、マシンの起動時やコマンドプロンプト起動時のキー入力が日本語入力になっていて地味にウザい。

OSの言語を日本語にしてるから、マシン起動時に日本語入力になっているのは、まぁ分かる。でも、コマンド叩こうって時に、デフォルトが日本語入力ってのは無いだろ。

ほとんど無意識で切り替えてたけど、設定で日本語入力をOFFにできることが分かったので、試してみました。

言語の詳細設定で「アプリ ウインドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを入れる

以下の手順で、デフォルトの日本語入力をOFFにできます。

コントロール パネルから「言語」を開く

コントロール パネルから「言語」を開く

言語の詳細設定を開く

言語の「詳細設定」を開く

入力方式の切り替えの「アプリウインドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを入れる

入力方式の切り替えの「アプリウインドウごとに異なる入力方式を設定する」にチェックを入れる

チェックを入れたら「保存」をクリックします。
以上で設定は終わりです。

コマンド プロンプトのデフォルト入力が英数字に

上記の設定を行ったあと、コマンド プロンプトを起動してみました。

コマンドプロンプトの入力方式が日本語になっていない

コマンドプロンプトの入力方式が日本語になっていない

デフォルトの入力方式が英数字になりました。
これでコマンド叩くときのストレスが減りました(∩´∀`)∩

ひと目でわかるWindows Server 2012 (TechNet ITプロシリーズ)
天野 司
日経BP社
売り上げランキング: 77,796

星影

Tech Hunter代表。マルチポテンシャライト。エンジニアリングマネージャーやってます。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好き。ツイ廃。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP