Kindle Paperwhite 2015年モデルを購入。2013年モデルから買い換えるべきかお答えします

Kindle Paperwhite 2015年モデルを買いました

Kindle Paperwhite 2015年モデルが発売されたので購入してみました。

IMG_8542

2013年モデルでは「212ppi」だった解像度が「300ppi」に進化しています。

IMG_8543

パッケージについては無印KindleVoyageとほぼ同じ構造。

内容物もKindle本体とMicroUSBケーブル、説明書のみです。

IMG_8552

こちらが本体前面。

IMG_8555

2013年モデルではシルバーだったKindleロゴが、ブラックになっています。

IMG_8561

背面もほぼ変わらず。

IMG_8556

Amazonロゴ。

IMG_8565

2013年モデルにはあった「てかり」が無くなっています。

左:2015 右:2013

左:2015 右:2013

ディスプレイ部分も2013年モデルと同じく段差がある形ですね。

IMG_8567

外観の違いはほんとにロゴ部分くらいといった感じです。

IMG_8568

充電はmicroUSB端子で。物理ボタンは電源ボタンのみです。

IMG_8563

さっそく起動してみました。

IMG_8569

基本的な使い方がひととおり分かるチュートリアルも健在。

IMG_8580

チュートリアルを終えると使えるようになります。

IMG_8600

2013年モデルと比較

2013年モデルからどのくらい変わったのか?最も気になる点はここでしょう。

先に結論を言ってしまうと、現在2013年モデルをお使いの方は「今すぐ買い替える必要はない」レベルだと思います。

ディスプレイの違いはほんの少し?

まずはディスプレイ。並べて比較してみると2015年モデルの方が若干白く見えます。

左:2015 右:2013

左:2015 右:2013

解像度が上がった分、文字は確かに見やすくなっています。

漫画のカラー表紙もきれいです。

IMG_8613

左:2015 右:2013

カラー雑誌の違いがわかりやすかったですね。

IMG_8623

左:2015 右:2013

これまでは見るに耐えない感じでしたが「まぁ見れる」くらいになってます。

…とはいえ、劇的に進化しているかといえば「それほどでもないかなぁ」という感じです。

ページめくりのレスポンスはむしろ遅くなっている?

続いてページめくりも並べて比較してみました。こちらは動画で。

新型なのでレスポンスも高速化しているかと期待したのですが…解像度が増した影響なのか、むしろ遅くなっている印象です。

う~ん、これにはちょっとガッカリしました。

既存のカバーはそのまま使える

外観の違いがほとんど無いということで、既存のカバーがそのまま使えます。

IMG_8619

写真に写っているのは非純正のカバーですが、ズレやすき間もなく装着できました。

IMG_8620

コネクタ部分も特に問題ないです。

IMG_8622

これまで使っていたアクセサリーがそのまま使えるという点は嬉しいですね。

文句なしの納得感。手に馴染むやわらか素材になった新モデル『Inateck Kindle Paperwhite PUレザーケース』レビュー

これから買うなら買い。2013年モデルを使ってるなら微妙

というわけで、ザックリですがKindle Paperwhite 2015年モデルと2013年モデルを比較してみました。 しばらく触ってみた印象としては「Kindle端末を持っていない人がこれから買うなら買い」「2013年モデルを使っているなら買い替えは微妙」というのが所感です。

Voyageや無印は?

上位モデルであるVoyageとの比較ですが…解像度の違いが無くなった以上、ページめくりボタンの有無と本体の薄さ、軽さの優位性をどこまで見出だせるかで判断した方が良いでしょう。

驚きの白さ。Kindle Voyageを1ヶ月使ってみて

とにかく最安でKindle端末を体験したいという方には、無印Kindleという選択肢もあります。

シリーズ最安の6,980円。無印Kindleキャンペーン情報つきモデルを買ってみた

以上を考慮した上で、自分にあったKindle端末を選びましょう。

こちらからは以上です。