パナソニック全録BDレコーダーの最新型『DIGA DMR-BRX4000』を試す

レベルアップした全録BDレコーダーをいち早く体験

先月応募した「DIGA(ディーガ)新商品発売ブロガーイベント&お試しキャンペーン」に当選しまして、パナソニック株式会社さんのBDレコーダー『DIGA DMR-BRX4000』お借りすることになりました。

IMG_7157

取扱説明書、リモコン、単3電池、電源ケーブル、アンテナケーブルが付属。

IMG_7156

正面にPanasonicロゴ。

IMG_7158

天面に電源ボタンとディスクの開閉ボタンがあります。

IMG_7161

背面左に電源ボタンや排熱ファン。

IMG_7162

アンテナケーブルの接続端子。地デジのほかBS/CS放送に対応しています。

IMG_7163

30億のデバイスで動くJava。デジタル音声出力、HDMI端子、外付けHDD用のUSB端子が続きます。

IMG_7164

無線LANアダプタを内蔵していますが、有線LANケーブルを接続することも可能です。

IMG_7165

リモコンは先端が細くシュッとした感じになっています。上半分はメニューや番組表などへアクセスするボタンが集中。

IMG_7167

下半分にチャンネルボタンや各種コントロールボタン。再生や早送り、スキップなど頻繁に押すボタンがリモコンを持った時にちょうど親指を置くところに来る配置となっています。

IMG_7170

リモコンは単3電池2本で動きます。後述しますがこのリモコンをレコーダーに登録することで、Wiiリモコンのように画面に向けて無線方式で操作することもできます。

IMG_7166

付属のアンテナケーブルは1mと短いので、設置場所次第で長めのケーブルを用意しましょう。

IMG_7171

自室に置いているSONY製BDレコーダー『BDZ-AT970T』の上に設置してみました。2011年発売のレコーダーですが、使い勝手の違いなどは主にこちらと比較する形になりそうです。

IMG_7174

ひとまず電源ケーブル、アンテナケーブル、HDMIケーブルを接続。

IMG_7178

前面パネルを開けてB-CASカードをセット。「チャンネル録画用(全録機能専用)」と「視聴・通常録画用」の2枚を差します。モニター機では最初からセットされていました。

IMG_7179

ディスクトレイの下にはSDカードスロットも。SD経由で録画番組を持ち出せるようです。

IMG_7183

天面が反射する加工になっているため、部屋の一部が映りこんでいたり…

IMG_7175

さっそく電源を入れて初期設定。基本的には画面の指示に従っていくだけでOKです。

IMG_7184

B-CASカードのテストをして

IMG_7190

地域情報などを入力。

IMG_7194

チャンネルスキャンが終われば番組が見れる状態になります。

IMG_7195

続いて全録対象のチャンネルを指定。

IMG_7196

録画モード(画質)によって視聴可能期間が変化します。15倍録にすると約29日前の番組までさかのぼって見ることができます。すげぇな…

IMG_7199

BRX4000では最大6チャンネルまで全録可能。ただし制限事項があるのでご注意を。

IMG_7202

チャンネル録画の登録が終わるとネットワーク設定へ。

IMG_7203

音声検索便利だよ的な説明があったり。

IMG_7204

テレビ番組情報ウェブサービス「ディモーラ/ミモーラ」の機器登録を行なっていきます。録画番組を外出先からネットワーク経由で見たい場合などはサービスの登録が必須です。

IMG_7208

おすすめ動画を不定期に配信するサービスなどもあるようです。

IMG_7209

ひととおり設定が終わったので、冒頭に書いたWiiリモコン的な機能を使ってみることに。

IMG_7211

リモコン背面のボタンを押すと

IMG_7214

画面上にリング上のカーソルが現れ、リモコンの傾き加減で操作箇所を選択することができます。矢印ボタンでの操作が煩わしいといった場合はこちらの機能が活躍しそうですね。

IMG_7210

番組表の表示数は3チャンネルから

IMG_7222

最大19チャンネルまで設定可能。

IMG_7221

表示オプションはそれなりに用意されています。

IMG_7220

音声検索もなかなか優秀。出てきた候補にちょっと笑った。

IMG_7217

とりあえず今期アニメ中心にザッと予約録画してみました。全録に指定したチャンネルとは別に3番組同時録画とかできます。全部で7チューナー搭載ってことですね。

IMG_7224

全録対象のチャンネルを外して、その分を通常録画の領域に割り当てることもできます。しかもHDD容量4TB。残容量を気にせずガンガン録画できちゃいます。

そうこうしているうちにチャンネル録画が溜まっていました。番組表そのままで録画された番組をあとから自由に見ることができます。

IMG_7223

これはテレビの見方が完全に変わりそうですね。他にも機能がたくさんあるようなので、これから少しずつ見ていきたいと思います。

お試しキャンペーンに参加されているブロガーさんたちの記事は以下サイトにまとめられています。本機の使用感が気になる方はこちらもチェックしてみてください。