とにかくコスパ良し。Fire HD 10 キッズモデルのすすめ

とにかくコスパ良し。Fire HD 10 キッズモデルのすすめ

キッズモデルはいいぞ

子ども向けにFire HD 10 キッズモデルを購入しました。

子ども用のFireタブレットとして、すでにFire HD 8を使用していたものの、2人で取り合いになることが多かったため新しく購入した次第です。

子ども的にも保護カバーがあったほうが安心ということで、今回は純正ケース付属のキッズモデルを選びました。

Fire HD 8の時はタブレットを単品で購入し、サードパーティ製のカバーを装着していました。2千円くらいのやつです。

このカバーでも特に不憫なく使えていますが、純正がどんなもんなのか気になっていたんですよね。

Fire HD 10 キッズモデルのメリット

キッズモデルにはいくつかメリットがありますので、軽く紹介していきます。

純正キッズカバーが付属

Amazon純正のキッズカバーは約4千円もするので、単品購入するのにわりと躊躇しちゃいます。

キッズモデルには、この純正保護カバーが最初から付属しています。

このカバーは肌触りがよくスタンド部分以外は弾力性のある素材なので、落下や衝撃への安心感があります。

とくに四隅は分厚く守られており、カメラの保護もバッチリです。

キックスタンドは段階的な調整は出来ないものの、置き方によって2種類の角度で使用できるつくりになっています。

子どもは寝転がりながら使うシーンも多いので、角度の浅いスタイルが選べる点はグッドです。

別途購入する手間が省けますし、色々なメーカーが出しているカバーの中から選ぶのは大変…という方は、純正カバー付属の本モデルを選べば間違いないかと思います。

1年間のAmazon FreeTime Unlimited

キッズモデルの大きなメリットは、キッズカバーの他にAmazon FreeTime Unlimitedが1年間使い放題という特典が付いています。

1年間のAmazon FreeTime Unlimitedを金銭的に見ると、プライム会員では年額5,760円相当、一般会員では年額11,760円相当となります。

子ども用プロフィールを作成することで、大人用と切り替えて使用できます。

ペアレンタルコントロールも充実しているので、子どもに持たせるタブレットとしては最適です。

Amazon.co.jp: ペアレンタルコントロールについて: Amazonデバイス・アクセサリ

2年間の限定保証

比較的低価格のタブレットとはいえ、子どもが扱うものですから、破損や故障時の保証は欲しいですよね。キッズモデルには2年間の限定保証が付いています。

この2年保証も個別に付けると、2,980円相当となります。

単品購入した場合との価格差

Fire HD 10(32GBモデル)を単品で購入した場合の価格は、15,980円となっています。

整理すると、以下4点がセットになっているのがキッズモデルです。

  1. Fire HD 10(32GBモデル)
  2. キッズカバー
  3. 1年間のAmazon FreeTime Unlimited
  4. 2年間の限定保証

一般会員の方がそれぞれ個別で購入した場合に比べ、キッズモデルがどのくらいお得かを単純計算すると…

  • 単品購入:15,980円 + 3,980円 + 11,760円 + 2,980円 = ‭34,700‬円
  • キッズモデル:19,980円
  • 差額:‭34,700‬円 – 19,980円 = 14,720‬円

ということで、ざっくり約1万5千円もお得というわけです。

ただし、Fire HD 10を単品購入した場合でも、1年間の限定保証が付いています。これを考慮し、2年限定保証の2,980円を半額で計算したとしても1万円以上お得。

安い(確信)

実際の使用感

10インチということで画面が大きく、非常に見やすいですね。

我が家では動画を見たりゲームをしたりがメインなので、まさに大は小を兼ねるという感じです。サクサク動くパフォーマンスの良さにも驚きました。

付属品は最低限。スタートガイドに電源アダプタと充電用USBケーブルのみです。


充電端子はUSB Type-Cです。既存のFireタブレットの端子はmicro USBですので、これまでのケーブルが共用できない点にご注意ください。

残念ながらFreeTime Unlimitedのコンテンツはかなり少ない印象を受けました。学習用アプリやゲームがいくつか用意されているものの、動画以外は物足りなさを感じてしまいます。

大人が許可したアプリを追加することもできるので、1年使ってみて不要と感じたら継続をやめるのが良いかもしれませんね。

また、親アカウントへの切り替えで普通のFireタブレットとして使用することもできます。仮に子どもが使わなくなっても自分用に利用できますので、その点は心配無用です。

正直これまで使っていたFire HD 8と比べると性能が段違いです。CPUの強化により、処理性能が従来モデルより30%向上しているそうです。

キッズモデルの内蔵ストレージは32GBですが、最大512GBまでのmicroSDカードに対応しています。必要に応じてストレージ容量の拡張ができるのはありがたいですね。

とにかくコスパが良い

今回キッズモデルを購入したわけですが、純粋にFire HD 10自体もおすすめできるFireタブレットだと実感しました。とにかくお手頃価格ですし、圧倒的なコスパの高さです。

キッズモデルも含め、プレゼントとしても良いのではないでしょうか。

星影

Tech Hunter代表。全文検索、スマホゲーム、チャットbot、IoTとかやってる雑多なエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、そしてインターネットが大好きなオタク。 だいたいTwitterに居ます。

コメントを残す