圧倒的没入感。短焦点4K HDRプロジェクター『BenQ HT3550』ゲームと映画を大画面で堪能【AD】

レビューズモニター参加中

4Kでゲームと映画を堪能するならこれ

BenQさんからお借りした、短焦点4K HDRプロジェクター『HT3550』のレビューです。

HT3550は解像度3840 x 2160の4K HDRプロジェクターです。本記事執筆時点での市場価格は、20万円前後の模様。

製品ページには「パーフェクトな真の4K UHD 830万画素」と書かれていました。

ピクセルぼやけを軽減し、精細なディテールを実現。すごく、すごそうです…

本体の寸法は、幅380mm x 高さ127mm x 奥行き263mm‎。以前お借りしたHT2550と比較すると、幅が少し広めになっている一方、高さと奥行きが抑えられています。

全体のフォルムを見ても、スリムでスタイリッシュなデザインとなっています。

排熱機構も優秀で使用中も静かでした。その分、熱風がやや強めな印象ですね。

インターフェースは、HDMI x 2(2.0a/HDCP2.2)、USB3.0 x 2(メディアリーダー、FWダウンロード:5V / 2.5A電源)、mini USB 、RS-232、SPDIF、オーディオミニジャック、12Vトリガーを備えています。

ボタンまわりは、電源、左右上下にOK、BACK、MENU、SOURCEと、HT2150STとほぼ同構成になっていました。

ダイヤル式のズームとフォーカス調整に加えて、垂直方向のレンズシフトも付いています。強力な短焦点、1.3倍の大型ズームなどにより、柔軟な画面調整が可能です。

付属品として、電源コード以外の映像入出力のケーブルは付いていませんでした。HDMIケーブル等は別途用意する必要があります。

プロジェクターを起動するだけなら、電源ケーブルを背面に差すだけでOKです。

自室でPCに接続してみる

まずは自室で設置確認してみます。本体底面の調整脚で投影先の高さ調節を行いましょう。

とりあえず手元にあったMacBook Proを繋げて映像を投影してみます。

投影距離は220cm。

幅約180cm、高さ約100cmで、スクリーンサイズは大体80インチです。

本機では、約3mの投影距離で120インチの大画面が実現できます。

短焦点プロジェクターということで、投影距離が1m未満でも30インチは確保できます。「手狭なワンルームでテレビを常時設置するのは厳しい」といった場合でも、手軽に持ち運びできるプロジェクターを使う選択肢はありかと思います。

さっそく部屋を暗くして映像を映し出してみましたが……ちょっと綺麗過ぎませんか?これプロジェクターですよね??しばらく口がポカーンと空いてしまいました( ゚д゚)

サウンドもすげぇ良い。「どんな場面にもフィットする完璧なサウンドモード」らしい。完璧かよ。

BenQプロジェクターではおなじみの、軽くてボタン操作のしやすいリモコンは健在。部屋の照明を落としてもバックライトが光るので安心です。

この解像度ならばと、Windows PCと接続してLightroomで写真現像をしてみました。

めちゃくちゃ綺麗に映るので普通に作業できちゃう。

現像した写真を大画面で家族に見せられるのが良いですね。飯テロもはかどります。

映画愛好家も満足させる「4Kピクセルエンハンサー」搭載とのことで、どのような写真、映像もシャープでくっきりと映し出してくれます。ザラついた白い壁に投影してもこのクオリティなので、きちんとしたスクリーンに映せばもっと綺麗なんでしょうね。

もちろんPCゲームも楽しめます。

ファイナルファンタジーXVをプレイしてみましたが、グラフィックの美しさも相まって、ゲームの世界に没頭してしまいました。

仕事で作っているUnityゲームのプロジェクトを開いて、コーディングもしてみました。さすがに細かい文字を長時間見続けるのは厳しいですが、エディタの設定で文字サイズを拡大すれば問題なく作業できます。4K解像度なので作業領域が広く取れる点も◎です。

IT系イベントや勉強会にて、プログラムのライブコーディングをする場合にも十分耐えられる高画質です。すごいぞHT3550。

リビングでPS4ゲームを堪能

これはぜひ「もっと大画面で楽しみたい!」ってことでリビングに投影してみることに。プロジェクターはリビングと繋がった和室に設置。今度はPS4 Proと繋いでみます。

投影距離は360cm。

幅約312cm、高さ約173cmで、スクリーンサイズは大体140インチです。

デカい(確信)

ババーーーン!デカい!!しかも綺麗!!!!!

コンセントが入り込んじゃったのでスクリーンサイズを気持ち縮小。それでもデカい。広めの壁を確保するのに本棚や食器棚などを頑張って移動させた甲斐がありました(笑)

この圧倒的な大画面は、それに見合う価値がありますからね!ニヤニヤしてしまうくらいの高画質。

スパイダーマンも息を呑む迫力でした…

ビルの間を自由自在に飛び回り、映画のような爽快感あるアクションを堪能。ヒャッハァーーー!!!

設置時に驚いたのが自動調整機能の数々です。焦点調節に追従するズーム調整に、台形補正も自動でやってくれます。

普通のプロジェクターだと設置場所の高さに気を使ったり、位置を変えた時の台形補正に苦労するのですが、こいつは床に置いただけで投影先を理想的な形に整えてくれました。これマジで神機能。

残念ながらわずか数週間のレビュー期間でしたが、札束で殴れば圧倒的な映像体験を味わえることを実感。ケーブル繋いで電源ポチッと、あとは投影サイズいじるだけで良い感じに映ります。ストレスフリーでコンテンツを楽しむことに集中できて最高。

唯一の難点はスクリーン投影先の確保ですが、天井からの吊り下げが難しい場合は自立式のプロジェクタースクリーンを使う手もあります。少し調べてみたところ、80インチ、100インチクラスでも1~3万円程度と比較的安価で手に入るようです。

BenQさんはディスプレイでも4K HDR製品をバンバン出されていますが、プロジェクターにおいても高解像度のゲームや映像作品をフルに体験させてくれますね。

PS4 Proとの組み合わせが抜群!BenQ 4K HDRゲーミングディスプレイ『EL2870U』で色々ゲームをしてみた

本機はUSB端子も備えているので、Fire TVなどを接続して手軽に動画配信サービスも楽しむこともできます。個人的に最近Netflixとディズニーデラックスを契約したので、見られる映像コンテンツが一気に広がりました。

子どもはディズニーアニメ、僕はアベンジャーズやスターウォーズなど、4K映画を楽しむのに本機は最適です。

PS4 Proとの相性も良いし、これはいよいよプロジェクターの購入に王手がかかってしまったかもしれない。

約20万円。パッと見では躊躇する価格ですが、短焦点の4K HDRプロジェクターとしてはコスパ高めの部類に入ります。これだけの体験を得られるなら妥当な価格。いや、むしろ安い。

僕は家族との相談があるので、あとは各自ご判断を(笑)

BenQアンバサダープログラムも要チェック!

BenQ製品の様々な魅力が実感できる『BenQアンバサダープログラム』では、ブログやSNSで積極的に情報発信してくれるアンバサダーを募集中です。

本記事のような製品モニター企画やタッチ&トライイベント、新製品に関する情報などをいち早く入手できますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

BenQアンバサダープログラム

星影

Tech Hunter代表。フリーランスエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好きなオタク。

One thought on “圧倒的没入感。短焦点4K HDRプロジェクター『BenQ HT3550』ゲームと映画を大画面で堪能【AD】

  1. ピンバック: 短焦点4K HDRプロジェクター『BenQ HT3550』のレビュー記事を書きました | Tech Hunter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。