スマホでライトニングさんが動かせる?FFシリーズが遊べるクラウドゲームサービス『DIVE IN』10月9日に開始

「Gクラスタ」を使った新サービス『DIVE IN』

2015年8月14日 追記:サービス終了が発表されました

スクエニのストリーミングサービス「DIVE IN」サービス再開されることなく終了

10月9日より、スクエニe-ストアにて新サービス『DIVE IN』が開始されます。

DIVE INはクラウドゲームサービス「Gクラスタ」を使ったサービスです。専用アプリを用いることで、スクウェア・エニックスの配信タイトルを手持ちのスマートフォンやタブレットでゲームを手軽に楽しめるとのことです。

サービス開始時はFFXIIIなど3タイトルが配信

サービス開始時は「FFXIII」「FFVIIインターナショナル」「シーズン オブ ミステリー」の3タイトルが配信。価格は買い切りではなく、利用日数単位でゲームプレイ権を購入する形式です。

スマホでPS3のゲームが遊べるなんてちょっと想像がつきませんね。

DIVE INでは全てのタイトルが30分間無料で体験できるので、ちょっと遊んでみておもしろそうだったら継続するといったプレイの仕方もできそうです。

気になる点も多く、手放しでは喜べない

クラウド技術を使ったストリーミングサービスということで、一番気になるのは映像の遅延ですね。他にはスマホの画面だと文字が細かすぎて読めない問題など出てきそうです。

今後の配信予定タイトルとしてはすでに中古市場で安く出回っているタイトルがほとんどで、買い切りではない点や操作性の良し悪しの面から、現時点では据え置きハードに見劣りするように思えます。

本サービスにどの程度の需要があるかわかりませんが、今後の展開に注目したいところです。
12月5日 追記:サービス開始されたのでプレイレポートを書きました!

DIVE IN、正式サービス開始。iPhone、AndroidでFFXIIIとFFVIIをプレイしてみた

© 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

星影

Tech Hunter代表。フリーランスエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、インターネットが好きなオタク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。