Twitterのつぶやきを自動保存するサービス「ツイエバ」のEvernote連携が切れたので再承認した

ツイエバの連携有効期限が切れました

TwitterのツイートやDM、お気に入り、リツイートを毎日まとめてEvernoteに保存してくれるWebサービス「ツイエバ」。

2015年のEvernoteメール投稿機能の仕様変更により、連携期間に有効期限が設けられるようになりました。

前回設定した1年間の有効期限が切れたため再承認しました。

ツイエバの管理画面から再承認する

ツイエバの管理画面にTwitterアカウントでログインします。

基本設定画面で「Connect Evernote」をクリックします。

Evernoteにログイン後、連携画面にて有効期間(最長1年)を選び「再承認」をクリック。

「Connect Evernote」ボタンの下の「連携済み」と有効期限の表示が更新されます。

Evernoteからアクセス許可を承認した旨のメールが来たら完了です。