新興家電ブランドUPQは、モノづくりではなく「ブランドづくり」をしていた。説明会で感じたモヤモヤの答え

IMG_2418

UPQの説明会で感じたモヤモヤを書き出してみる

新興家電ブランドUPQのイベントに参加してきました。

IMG_2388

SIMフリースマートフォンや4Kモニタ、イヤホン、ガラス製キーボードなど多岐にわたる製品がズラリとラインナップ。

blue × green(ブルー・バイ・グリーン)で統一されたカラーが目を引きます。

IMG_2415

製品発表後、やたらとメディアにも取り上げられていたこともあり関連記事を読まれた方も多いのではないでしょうか。「秋葉原発」だとか「若手女性起業家」だとか、まぁおっさんが飛びつきそうな要素が散りばめられています。

IMG_2517

UPQ 代表取締役社長の中澤優子氏

「全7カテゴリー17種24製品」という数字を掲げていましたが、カラーラインナップを製品数としてカウントするのは少し珍しい気がしました。

IMG_2418

どうやらこのUPQ、家電ベンチャーCerevoと深く関わりがあるようです。製品を製造する工場はCerevoからの紹介、製品サポートもCerevoの方が担当されているとのことでこの辺りの話も本記事で掘り下げていきます。

製品発表に際し、Engadget日本版でかなりの数の記事が書かれていたことに驚いたのですが、編集長とは以前から交流があった模様。

IMG_2459

中澤社長はカシオを退社後、秋葉原でカフェを経営。2014年にEngadget主催のハッカソンイベントに参加したことで、起業に至るまでの様々なコネクションを広げていったそうです。

殺伐とした家電業界に颯爽と登場したUPQ。たった2ヶ月でどうやってこれだけの製品を揃えたのでしょう。製品のレビューなどは他の方に任せ、本記事では説明会で感じたモヤモヤを書き出すことにします。

既存製品をガワ替えしただけ?

さて、ラインナップされた製品の写真を見て「どこかで見たことのあるような」既視感を覚えた方も居らっしゃるかもしれません。

IMG_2503

少し調べてみると、既存の製品をベースにデザインのガワ替えだけを行なったようなものもあるようです。

すべての製品を確認したわけではありませんが、ガラス製キーボード、スマートフォン、アクションカメラなどはすぐに類似製品を見つけることができました。

スクリーンショット 2015-09-05 11.31.08

新しいバージョンのタッチジェスチャーコントロールスマートガラス付きキーボードサポートwindowsとmacosxb6

スクリーンショット 2015-09-05 11.32.33

China 4.5" 4G Mt6735 Android 5.1 Mobile Phone - China Mobile Phone, 4G Phone

スクリーンショット 2015-09-05 11.37.45

【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】第723回:アキバ発ベンチャー家電、UPQのアクションカム&スタビライザーを試す - AV Watch

あれ?「モノづくり」って聞いて来たんだけど、作ってないの…?

「モノづくり」という表現に違和感

UPQ関連の記事を調べると「モノづくり」という表現を用いるメディアを散見しました。

[UPQ中澤社長の「モノづくり」への情熱] 「顔の見えるメーカーの人」になるまで - ケータイ Watch

カシオ出身の女性起業家、激安オシャレ家電を2ヵ月で17種類作る UPQモノづくり革命 - 週刊アスキー

しかしながら実際に行なっているのは型落ち製品のガワ替えです。

このやり方を「モノづくり」と表現するのは物凄い違和感があります。決してデザインやコンセプト設計がモノづくりではないと言っているわけではありません。

あくまで僕のイメージですが「モノづくり」と言われたら「ハードウェアの設計・製造・品質管理など諸々ひっくるめて全部やってます!」的な姿を連想します。既存の製品をカスタマイズするのではなく、いうなれば「一から製造を行なっている様子」が思い浮かびます。

そういった意味でUPQの製品発表時にメディアの記事で飛び交った「モノづくり」という表現にはいささか疑念を抱きました。本イベントに参加する前には「えー!これ全部2ヶ月で作ったのかよ!SUGEEEEEEE!!!!!!!」と思っていましたが、よくよく聞いてみると何やら話が違う。

注目を集めるための引きの強いストーリーがあるのは分かりますが、事前情報として肝心の部分を言及しない記事もあったのが残念でした。事実と乖離した表現を用いるのは、読む人が読めば悪手となるでしょう。

UPQの本業はブランドづくりだった

説明会での話に戻りますが、具体的な数字の話になるとまともな答えが返ってこない点に不信感を覚えました。

例えば「どれくらい売れたら成功ですか?」という質問に対して「ビジネス的観点とかそういう冷たい観点で語りたくない。目標としては売り切りたい。できれば全部」的なフワフワした答えしか返ってこない。製造台数などはどこかに出ていたりするのだろうか。

かけたコストに対していくら売れれば成功というのは計算すれば出るはずだ。なんというか採算がとれなければすぐに倒産みたいな危機感をまったく感じられなかった。とにかくお金の話を全然オモテに出さない。意図的に出していないのか、気にするほどの投資を行なっていないのか。

…と思って会社情報を見てみたが、残念ながら資本金が書かれていなかった。

スクリーンショット 2015-09-05 11.17.46

週刊アスキーの記事をよく読むと「資本金100万円」と書かれていた。たった100万円でこれだけの製品を揃えることができるだろうか?できるわけがない。どこぞから製品の製造費などをほぼ出してもらっているのだろう。その答えも書かれていた。

つまるところ、UPQの本業はブランドづくりだ。

製作・サポートなど作り手としての業務はCerevoに委託するため、UPQの従業員は中澤代表たった1人。間接費を削減しつつ、Cerevoのノウハウで製品を安く作る。具体的には中国工場との価格交渉のように、かなり泥くさいノウハウだ。

Cerevoのノウハウによって、超短期開発という強みができた。旬のトレンドを家電に取り込むこともできるようになった。

なるほど、製品のサポートだけでなく製作もCerevoに業務委託していたわけですね。中国工場に行くのは価格交渉のため。デザインやコンセプト設計、価格交渉。このあたりがメインのお仕事なのでしょう。

「ブランドづくり」非常に腑に落ちる表現です。UPQはモノづくりではなくブランドづくりをしている。ようやく納得できる表現にたどり着きました。

しかしながら既存製品に色を付けただけのもので果たしてブランドが作れるのでしょうか?単なる実績づくりで終わらぬよう、今後オリジナルの製品がUPQから出ることを期待しています。

追記:UPQ Phone含め、冷静な視点で言及されている動画を見かけたので貼っておきます