新たなモバイルOSの勢力となるか、Ubuntu for phones登場!

ついに発表されたスマートフォン向けのUbuntu

かねてより噂されていた、Ubuntuのスマートフォン向けOSが発表されました。

Ubuntu for phones | Ubuntu

コンテンツページをざっと見てみましたが、久しぶりにワクワクするOSが出てきたなぁ、という印象を受けました。どんな感じのOSなのか、ザックリご紹介したいと思います。

エッジによるアプリ遷移で画面がすっきり

Ubuntu for phonesでは、スワイプジェスチャーを搭載しています。

画面左端から右へスワイプすることにより、アプリや設定、コンテンツなどにアクセスするためのエッジが出てきます。

iOSやAndroidなどでも、一部のアプリでは、スワイプによるアプリ内の遷移は実装されていますね。Ubuntu for phonesでは、これがOSレベルで実装されるとのことです。

要するに、アプリからアプリへの遷移が、自然に流れるような作りになっているわけです。
このエッジによる遷移を実現することで、お気に入りのアプリ間の切り替えが、他のモバイルOSよりも高速であるということをアピールしています。

他にも、最後に利用していたアプリへの切り替えや、アプリの操作メニューを表示するなど、スワイプにより実現される操作が色々あるようです。

通常は画面上にそれらの領域を確保するなく、その画面に集中させるための仕組みということですね。Windows 8のチャームみたいな感じですかね。

洗練されたコンテンツ画面

音楽やアプリ、動画などのコンテンツは、用途ごとにスタイリッシュに整理されてます。

電話帳と思われる画面では、Twitterやfacebookの最新のつぶやきが表示されているのでしょうか?Windows PhoneのPeopleハブみたいな感じかな。

カメラアプリで撮影した画像は、Ubuntu Oneというパーソナルクラウドに自動アップロードされるとのことです。これはiOSのフォトストリームのような感覚だと思います。意識すること無く、他端末で写真を共有できるということですね。

これは今後のモバイルOSでも、標準となっていく仕組みなのではないかと思っています。

ハイエンドモデル「superphone」では、ドッキングによりフルPCに変身…だと…?

なんということでしょう。

Ubuntu for phonesのハイエンドモデルである「superphone」では、PCに接続したドッグにUbuntu携帯をドッキングするだけで、フルPCやシンクライアントとして利用できるとのことです。

これまでもUSBに軽量OSを入れて持ち歩いていた方は居らっしゃると思いますが、これが普段持ち歩くスマートフォンで実現できるというのです。これは非常に画期的なことではないでしょうか。

スマートフォン自体のスペックがどんどん向上してきている現在だからこそ、可能になった技術ですね。オーバースペック気味に感じていた端末も、このような使い方が実現できれば、活躍の場は増えることでしょう。

現時点ではあまり詳細が書かれていませんが、今後は企業での導入など、様々な可能性が考えられますね。

OEMによりニーズに合わせたカスタマイズが可能に

すべてのUbuntuのデバイス上で拡張可能なクラウド·フレームワークを使用することで、グローバルに最適化されたカスタムサービスを提供することができます。

これにより互換性を失うこと無く、独自のサービス、コンテンツ、アプリなどの強化が可能になるということです。

何とかモードが組み込めないから何とか5は導入できない的な、どこぞの企業様にもありがたい仕様ですね。

開発者好みのOSであることをアピール

Ubuntuは、既に70カ国以上で使用されており、40以上の言語に翻訳されています。世界中の2000万デスクトップユーザーで、確立されたプラットフォームとされているグローバルなブランドであることを主張しています。

また、Ubuntu for phonesでは、HTML5も完全にサポートしています。早くも「Go Mobile」という開発者向けサイトを提供するなど、開発者の活動を促進させるような仕組みも構築しています。

OS提供者によるコミュニティが用意されているというのは、開発者にとっては非常にありがたいですね。アプリやカスタムOSの開発が活性化されるというのは、利用者にとっても良い事だと思います。

Ubuntu搭載スマートフォンに期待

というわけで、詳細はまだまだこれからかな、という感じのUbuntu for phones。いかがだったでしょうか。

要求スペックはやや高い印象です。手持ちの端末に入れるのは若干厳しいかな?

1月初旬にラスベガスで開催される「2013 INTERNATIONAL CES」にて、さらなる情報が公開されるらしいです。Ubuntu搭載スマートフォンが来てくれたら良いですね。

今後の展開に期待です。

[Ubuntu] Ubuntu for phones、まずは2月後半にGalaxy Nexus 向けのイメージを提供予定

  • Pingback: 2013.01.03 の気になる記事 | 見せかけの色と未来 - MISEKAKE Blog()

  • Pingback: OKiTama Blog » 新たなモバイルOSの勢力となるか、Ubuntu for phones登場!()