モバイルバッテリーやケーブル不要で充電『KYOKA iPhone 7 Plus用バッテリー内蔵ケース』レビュー

メインで使用しているiPhone 7 Plus用のバッテリー内蔵ケースのレビューです。モバイルバッテリーやケーブル不要で充電できるので、長時間の外出でも安心できます。

バッテリーと一体化したスマホケース

メインで使用しているスマホ「iPhone 7 Plus」用のバッテリー内蔵ケースを購入しました。KYOKAというメーカーの製品です。

買ったのは昨年の12月なので、約2ヶ月ほど使用した上でのレビューとなります。

パッケージを開けるとケースがおでまし。

6色用意されたカラーのうち、ブルーにしてみました。背面はサラサラとした手触りです。

内側には着脱手順が図説されています。親切。

カメラ部分は穴が空いてますので、ケース装着時も写真撮影可能です。

背面下部にバッテリーの電源ボタンと残量を示すインジケーターが配置。

ボタンを押すと残量がわかる仕組みです。

本体に書かれていた説明と同じものがパッケージ裏にもありました。中国語ですが、まぁ図のとおりに装着するだけなので特に難はないかと。

ということでさっそく装着してみます。まずは上下の金きらパーツを外して、iPhone本体を上部から滑り込ませます。

ケース下部のLightning端子にドッキング。ここからバッテリー給電する形ですね。

あとは上部の金きらパーツと

下部の金きらパーツを装着すれば

完成です。

簡単ですね。

マナースイッチや音量調節ボタン

スリープボタンもそのまま使えます。

カメラ部分はこんな感じでフラッシュにも影響しないつくりになっております。

ケース下部にLightning端子が付いています。

通常どおりLightningケーブルを使って本体の充電と、バッテリーケースの充電ができます。

バッテリーケースの電源ボタンを長押しすると

ケーブル無しでiPhoneが充電できます。

バッテリー容量は3500mAh。iPhone 7 Plusが約1.2回分充電できる容量です。

当然ながらバッテリー分の厚みが増し、ひとまわり大きくなりますのでご注意を。

モバイルバッテリーやケーブル不要で充電できるので、長時間の外出でも安心できます。

ちなみに僕は同メーカーでGalaxy S8用のケースも愛用しています。

こちらはバッテリーなしのモデルですが、薄型でボディをしっかり守ってくれるので気に入っています。初見で金メッキ部分がやや派手に感じましたが慣れれば気にならなくなります。

安くて高級感のあるケースなので評価も高いようです。