全自動掃除ロボット「ルンバ」の最新機種『Roomba 980』の実力を試す

ルンバ童貞卒業しました

アイロボット ファンプログラムの企画にて、全自動掃除ロボット「ルンバ」の最新機種『Roomba 980』の体験モニターをすることになりました。

ルンバ980紹介ムービー

箱が結構デカくてビビったのは内緒です。

ねんどろいど矢澤にこさんとの大きさ比較

パッケージのデザインはシンプルですね。

さっそく開封。ルンバとご対面です。

黒い!丸い!(小並感

説明書類のほか交換用パーツなどが入っていました。最初からスペアがあるのは心強いですね。

まずは外観を軽く見ていきます。僕はルンバを使うのが初めてなものでして、どのような機構になっているのかまったく知らないんですよね。

オモテ面上部にメーカー名である「iRobot」と「Roomba」のロゴが配置。ロゴ下の溝に手を突っ込むとカバーが少し開くので、持ち運ぶ際の取っ手代わりになります。

真ん中にはカメラやらボタンやらが付いています。基本的には中央の「CLEAN」ボタンを押すだけで自動的に掃除をしてくれるみたいです。なにそれ凄い。

ひっくり返してウラ面を見たらかなりゴツくて驚きました。脱いだら凄いタイプですね。

オフロード仕様かよって感じのタイヤ。

巻き込まれたら二度と脱出できなそうな吸い込み口。

方向転換で小回り効きそうなローラー。

左上の方にゴミをかき出すブラシ。すげぇ弱そうだけど大丈夫なのか。

反対側はセンサー。こいつで部屋をトラッキングするらしい。

下の赤い部分がゴミの溜まるダスト容器。結構な容量ありそう。

排気口には「AEROFORCE」と書かれている。

吸引力が変わったただ一つのロボット掃除機(適当

AeroForce™(エアロフォース)クリーニングシステム<ルンバ800シリーズ>

正面から見ると完全にUFOだった。

壁にぶつかって壊れないか心配だったけど、クッション構造になってて衝撃吸収するので大丈夫な模様。

本体はバッテリー式で「ホームベース」と呼ばれる専用クレードルで充電を行います。

軽く充電して起動させてみました。

想像していたよりも音がうるさかった…と言ってもドライヤー以上、掃除機未満という感じ。すでに数日間運用していますが「かなり良い感じ」です。

実際の使い勝手などは、今後の記事で詳しく書いていきます。モニター期間は1月上旬まで。約2ヶ月間、Roomba 980の実力を見極めたいと思います。


ルンバ快適過ぎて掃除のストレスめっちゃ減る。子どもの居る家庭にオススメ

星影

Tech Hunter代表。全文検索、スマホゲーム、チャットbot、IoTとかやってる雑多なエンジニア。 ガジェット、アニメ、ゲーム、そしてインターネットが大好きなオタク。 だいたいTwitterに居ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。