CEOコリン・アングル氏が来日。新型床拭きロボット『ブラーバジェット240』に触れてきました

アイロボットCEOが語るスマートホームの未来

アイロボットファンプログラムの第3回ファンミーティングに参加してきました。

本イベントにはアイロボット社CEOのコリン・アングル氏が登場。ロボットを取り入れたスマートホームの未来やアイロボット社のビジョンを語りました。

IMG_9887

ロボットが日常生活に溶け込む少し先の未来の話。朝の目覚めや留守中の掃除、帰宅後にペットの様子を写真で見せてくれるなど、ロボットが様々なサポートをしてくれます。

普段どおりの生活をおくるだけでスマートホームが適切に対応。それが第3世代スマートホームのビジョンです。

IMG_9915

しかしながら、コンシューマ向けIoTは予想ほどのペースで実現していません。それぞれの端末ごとにアプリを入れなければならなかったり、人間が細かなプログラムを設定しなければならなかったりと、使用に困難を感じている人々が多々いるのが現状です。

IMG_9910

そのような煩わしさを解消するひとつの手段として、ルンバのオートマッピング機能が挙げられました。部屋の構造を自動で学習し、隅々まで掃除をしてくれる。人間に寄り添ったロボットがすでに実現されているのです。

IMG_9917

アイロボット社は100%コンシューマ向け企業として、ロボットによる人間のサポートを推進。

IMG_9920

全世界で1,500万台のロボットを販売。そのうち20%をルンバが占めています。

IMG_9925

ルンバはスマートホームを担うロボットエコシステムの先駆者となっています。

IMG_9930

そして今回発表された新製品が『ブラーバジェット240』です。

IMG_9934

本製品は日本での活躍が大いに期待されています。

IMG_9937

日本におけるロボット掃除機の売り上げは好評で、中でもブラーバの売り上げが他国に比べ特化しているそうです。これは日本に根づく雑巾掛けの文化が要因になっているものと考えられています。

ブラーバジェットの特徴はなんといってもそのコンパクトさ。

IMG_9946

シンプルでコンパクトなデザインは、発売前の消費者調査でも好評だったとのこと。

IMG_9948

操作も簡単。クリーニングパッドを装着してボタンを押すだけです。

IMG_9958

パッドの取り外しもボタンを押すだけ。手を汚さずに済みます。

IMG_9971

ブラーバジェットはその名のとおり、ジェットスプレーを噴射して掃除。振動するクリーニングヘッドにより、床にこびりついた汚れやベタつきも浮かび上がらせてこすり落とします。

IMG_9970

iRobot HOMEアプリを使えばブラーバジェットがもっと便利になります。

IMG_9978

ブラーバジェットの登場と同時にルンバの新モデルも仲間入り。

ブラーバジェット240の価格は29,880円(税抜)、ルンバ960は89,880円(税抜)で、8月26日より発売。ルンバ680が49,880円(税抜)で、9月16日に発売予定となっています。

IMG_9982

ブラーバジェット240タッチ&トライ

会場では新型床拭きロボット『ブラーバジェット240』が動く様子を見せてもらいました。

IMG_0034

全体的に白で統一されたシンプルなデザイン。

IMG_0016

キューブ型で可愛らしい姿をしています。

IMG_0003

両手でヒョイと持ち運べるサイズ感。

IMG_0018 のコピー

クリーニングパッドは「ウェットモップ」「ダンプスウィープ」「ドライスウィープ」の3種類。床の汚れに合わせてパッドを使い分けます。

IMG_0012

それぞれ使い捨て用と洗濯可能なパッドの2種類が用意されています。

ブラーバジェットは装着したパッドの種類を認識して自動的に最適な清掃モードで動きます。

IMG_0044

水を入れるのも簡単。本体の後ろから直接注水できます。

IMG_0043

ちなみに前モデルでは水を入れるのにクリーニングパットを着脱する必要がありました。

バッテリーは取り外して専用の充電器で充電する形に。

IMG_0042

前モデルでは充電スタンドが付属していましたが、今回は用意されていないとのこと。部屋の隅に置いても違和感のないデザインですからね。電源まわりもスッキリしそうです。

クリーニングパッドの取り外しもボタンひとつで。使い捨てのパッドならゴミ箱へ直行!
いやぁ〜…これは控えめに言って最高ですね。

アプリはルンバと共通のものなので、そのまま追加登録できます。

IMG_0041

ルンバ同様に遠隔操作可能。

IMG_0007

残念ながら現時点ではお互いを認識して連動するといった機能は無いようです。

最後にジェットスプレー噴射や壁際清掃の様子を動画でどうぞ。

これで約3万円とは…

前モデルと比べ、全体的に多くの改善点が見られる新型ブラーバ。約3万円と手の出しやすい価格が魅力的ですね。

以前ルンバ980とブラーバ380jをモニター体験させていただき、結局ルンバ980を購入したのですが…今回のブラーバジェットもかなり購買意欲をそそられる製品です。

恐るべし、アイロボット社。

IMG_9991