2020年「買ってよかったなぁ!」と思ったガジェットまとめ

書評

【書評】メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

『メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間』の書評。「挑戦の5年間」ということで、サービスの立ち上げから現在に至るまでの軌跡がザッと把握できる。今後の展開も含め、その軌跡を把握するための一冊として読んでおいて損はない。

【書評】あなたのチームがうまくいかないのは「無意識」の思いこみのせいです―信頼されるリーダーになるたった1つのこと

「メンバーが思い通りに動いてくれない」「プロジェクトがうまく進まない」といった悩みを抱えているリーダーには「無意識の思い込みに捕らわれていないか」を見つめ直すきっかけとして手にとっていただきたい。

【書評】明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法

『明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法』を読みました。「プランニング」というと身構えてしまうかもしれませんが、要するに「伝えたい相手を知り、伝えたい相手を笑顔にする」。そのために何をするべきか?ということが書かれています。

【書評】ノンデザイナーズ・デザインブック

「プロデザイナーでなくったって、かっこいいデザインをしたい!」という人のための、レイアウトデザインの基本書ということで、ブログテーマのレイアウトや発表資料のスライド作るときなんかにも役立ちそうな内容となっています。

【書評】強いチームはオフィスを捨てる:37シグナルズが考える「働き方革命」

タイムリーにリモートワークなお仕事をしているので読みました。読んでいて気になった文章を引用しつつ、サラッとご紹介したいと思います。