MacBookに貼ったステッカーを剥がすのに苦労した

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した

2012年に購入し、このブログや僕のスタートアップ開発時代の黎明期を支えてくれたMacBook Air。MacBook Proへ移行してから使う機会も無くなり持て余していたため、買い取りに出すことにしました。

当時は後先考えずIT企業のステッカーを直貼りしてイケイケエンジニア感を出してたので、買い取りに際してこいつを剥がさなければなりません。

ちなみにMBPへ移行後は学習してハードケースを装着するようにしてます。

MacBook Pro 13インチ 2017モデル用の良い感じのハードケース見つけたので自慢する

で、簡単にペリペリ綺麗に剥がれば良いのですが、材質によっては本体にへばり付いてまったく剥がれないステッカーもあります(というかそのパターンが多い…)

ということで、そんな時に便利なアイテム「シールはがし」の登場です。今回初めてこの類いのアイテムを使うことになったので、ネットのレビューを見ながら良い感じの製品を探しました。

検討の結果選んだのが、Amazonでの評価が高かった3Mのシールはがしです。

最初に書いてしまいますが、今回のこのチョイスは失敗しました…

というのもこのシールはがし「ソフト」と「ハード」の2種類があるのですが、評価が高かったのは「ハード」の方で、僕が購入したのは「ソフト」なんです。

まぁこれは僕がよく見てなかったのがいけないんですが…Amazonのカスタマーレビューって、種類が複数選択できる製品でも、すべての種類について言及されたレビューが並ぶんですよね。

そもそもAmazonの商品ページには「ソフト」と「ハード」の違いが書いておらず、素人目ではどちらを使うべきかの判断が難しいのです。

やっぱり「ハード」だと強力なイメージがあるので、本体に影響が出てしまったらイヤだなぁ…ってことで「ソフト」を選択した次第です。そんなわけで失敗の知見共有を含め、こちらに使用感を書き残しておきます。

実際に使ってみた

本製品はスプレータイプです。作業は屋外もしくは十分に換気に配慮した環境で行いましょう。まずは対象から少し離れた距離で噴射。

スプレーを吹き付けてからしばらく乾かします。

そのあとタオルなどでゴシゴシこすりつける。

するとシールが剥がれるという流れです。

…なんですけど、効果がソフト過ぎてめちゃくちゃ時間がかかりました。何度タイムリープを繰り返しても世界線が大きく変動しません。完全に失敗しました。

スプレー半分くらい使ってようやく大体のステッカーが剥がせました。

結局すべて剥がし終えるのに1時間くらいかかりましたね。しかしながら、結果的にへばりついていたステッカーは綺麗サッパリ落ちました。

パッと見では新品と見間違うかのようにスッキリです。やったぜ。

今回は僕の選択ミスで余計な苦労をしてしまいましたが…「3M クリーナー20 シールはがし(ソフト)」は「MacBookに直貼りしたステッカーを剥がすのには向いていなかった」ということを共有しておきます。

似たようなケースでシールはがしをお探しの方は「3M クリーナー30 シールはがし(ハード)」をご検討ください。

現場からは以上です。