ASUS国内初の直営店舗「ASUS Store Akasaka」オープン。店内の様子をリポート

3月2日にオープンした、ASUSの国内初の直営店舗「ASUS Store Akasaka」のプレオープンにお邪魔してきました。ASUSのコミュニティーサイト「A部」として初めての活動です。

ASUS Store Akasakaは、東京メトロ「赤坂見附駅」から徒歩2分の場所にあります。

外観はガラス張りのため外からでも中の様子が伺えますが、広く明るい店内です。

プレオープン時点では中央に大きなテーブルが4つ設置されており、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどが展示されていました。

各テーブルの間隔も広く、ゆったりと製品を見て回れるようなレイアウトになっています。

正面右側のカウンターでは、製品の修理受付や販売を行なうスタッフが常駐しています。

展示スペースの方にもスタッフさんが居るので、製品の疑問点がすぐ聞けるのが良いですね。

ノートPCの場合は機能やスペックだけでなく打鍵感も気になるところです。

並んでいる製品はすべて触れますので、肌触りや重さ、薄さ、インターフェースなどじっくり確認することができます。

スタッフさんに「このゲーミングノート格好良いっすね!」と話しかけると、スペックや特徴など色々教えてくれました。

「ディスプレイ開くと後方が浮き上がり、排熱効率の向上に加えてキーボードが打ちやすくなったり、赤く光ったりします」とか

「ブランドロゴはこんなところにあるんですよ〜」「格好良い」とか

「ちょっと薄くてわかりづらいかもですが、ここも赤く光ります!」とか

「このトラックパッド、ボタン切り替えでテンキーになるんですよ!」「すげぇえええええええええ!!!!」

「キックスタンドこんな角度までいけます!」「中国雑技団!!!!!」

「とれます」「とれた」

「ブラウザにペンで色々書き込めます」「すごい」

とにかく実機触りまくれるし製品に詳しいスタッフさんが居ますから、ネットで写真見ただけではわからないことがバッチリ聞けます。

Chromebookも4種類くらい置いてありました。国内だと一般ユーザーにはほとんど普及していないようですが、最近は教育機関などへの導入が進んでいるようです。

人気のタブレット「ZenPad」も各種並んでます。

「この素材の質感こんな感じなのか〜」とか

「えっ、めっちゃ薄くないですかこれ?」とか確認できちゃいます。

もちろんスマホも触れます。

大人気「ZenFone」シリーズ。重さやサイズ感は実際に持ってみて確認したいですよね。

あとZenWatch 3も置いてありました。スタッフさんと一緒に「後継機出てほしいですねぇ…(遠い目」的な話をしました。

ZenWatch 3

ZenFone用の保護フィルムやスマホケースなども取り揃えています。

手帳型ケースにモバイルバッテリーなど関連アクセサリーもあるので、眺めているだけでもおもしろいですね。

同店では3月11日まで、オープン記念キャンペーンが実施されています。

来店時にSNSで「#ASUS」「#Akasaka」のハッシュタグを付けて写真投稿すると、オリジナルクリーニングキットが先着700名にプレゼントされます。

また、来店するだけでも先着1000名にオリジナルボールペンがプレゼント。禅太郎かわいい。

今後は店内スペースを使ったセミナー等も開催予定とのことでしたので、赤坂近辺に来た際は足を運んでみると良いかもですね。

ASUS Store Akasaka公式ページ

A部 For ASUS Mobile Products