Google Home購入。なくても困らないけどあったらちょっと便利

Googleのスマートスピーカー「Google Home」を買いました。ビックカメラでchromecastとのセットがお得だったので合わせて購入。chromecastは別記事にて改めてレビューする予定です。

さっそく開けていきます。

上からパカっと開ける化粧箱のようなタイプですね。

出ました。Google Homeです。グレーの部分がスピーカー。天板は斜めにカットされています。高さは500mlペットボトルより小さいですが胴回りが太め。

どうみても芳香剤です本当にありがとうございます。

説明書めっちゃシンプル。

付属品は電源アダプタだけです。

控えめなGoogleのGロゴが良いですね。

底面に電源端子。

物理ボタンは背面にマイクのミュートボタンがあるだけです。Google Homeの操作は基本的に音声入力のみ。電源のオン/オフはケーブルの抜き差しで行うとのこと。

というわけで電源ケーブルを差し込んだら起動。天板のLEDランプが点灯します。

あとは「Google Home」アプリを使って初期設定を行っていきます。

Google Play MusicやSpotifyとの連携もこのアプリを使って設定します。

初回起動の様子。天板はタッチパネルにもなっていて円状になぞると音量調節、長押しすると音声入力受け付けの操作が可能です。基本的にすべて話しかけることで操作できるので、タッチ操作はめったに使わないかな。

アラーム設定。これ結構使ってます。あとタイマー。朝起きて布団でもぞもぞしながら「いま何時?」と聞くことができて便利。「う~ん、あと5分…」が何度でもできるぞ。

天気と音楽再生。雨降るかどうかも教えてくれる。

その他のおもしろやりとりはそんなにおもしろくなかったので、chromecastとの連携でYouTube動画を再生してみた。

「おぉ…」ってなったけど、細かい制御ができないので使わないかな。

IFTTTと連携すると音声でTwitterに投稿できたり、家電の操作もできるようになるらしい。いわゆるIoTってやつですね。ちょっと頑張ると格安でスマートホームが実現できる模様。

まぁいちいちこういう準備しなくてもできるようになれば、一般にも普及するかな。

今回はビックカメラでchromecastとのお得なセットを購入することができました。

現在はGoogle Home Miniとのセット販売などもしているようですので、気になる方はチェックしてみると良いかと。

ザックリ触ったスマートスピーカーの所感としては「なくても困らないけどあったらちょっと便利」くらいの感覚ですね。

最新ガジェットを手元に置いておきたいという方以外は、すぐに飛びつかなくても良いと思います。ソフトウェアのアップデートや機能拡充もこれから進んでいくので、しばらくしたら「絶対買った方が良いですよ!」と言える日が来るかもしれませんね。