Dell XPS 13の大きさをMacBook Pro、Surface、Matebookなど6機種と比較してみた

XPS 13の大きさ比較

デル アンバサダープログラムのモニター企画にて、Dellの薄型軽量ノートPC『XPS 13』をお借りしています。

今回は11インチクラスのボディに13.3インチディスプレイを搭載した本製品を、大きさの近いノート・タブレットPCと比較してみた写真を載せてみたいと思います。

MacBook Pro 13インチ

まずはMacBook Pro (Retina, 13-inch、Early 2015)との比較。

上から見るとMacBook Proがひと回り大きい。

厚みはほぼ同じくらいかな。

重ねてみるとMacBook Proの頭がちょっと出ますね。

もちろんカバーを付けるとその分大きくなります。

XPS 13の重さは約1.29kg。MacBook Proの重さが約1.58kgなので、およそ300gの差があります。持ってみるとやはりXPS 13の方が圧倒的に軽いです。

Surface Pro 3

続きましてMicrosoftの『Surface Pro 3』の登場です。Surfaceシリーズは6月15日から新モデルがたくさん出るので、そちらもチェックしてみてください(雑な宣伝)

上から見るとSurfaceの方がひと回り小さいですね。

薄さに関してもSurfaceに軍配が上がります

タイプカバーを外すと半分くらいの薄さになります。この薄さはタブレットPCの強いところですね。

重ねてみるとXPS 13が若干はみ出ます。

外観の高級感でいえばXPS 13ですかね。Surfaceは落ち着いた色味でシュッとしてるので、ビジネス色を強く感じますね。

Matebook

お次はHUAWEIのタブレットPC『Matebook』です。

最近Windows使って何かする時はこいつが活躍してます。薄くて軽い上に性能良いので、12インチのタブレットPCとしては最強感あります。

薄さはもう比較するまでもないですね。

XPS 13は「11インチクラス」と謳っていますが、ノートPCとタブレットPCではサイズ面でも違いが出てきますね。

純正のキーボード兼カバーであるPortfolio Keyboardをつけた状態でも比較してみました。

横幅はほぼ変わらずですが

厚みは同じくらいになりました。やはりキーボードの有無は厚みに直接影響してきますね。

縦サイズも同程度に。

キーボードを打つスタイルで比較。

並べてみると兄弟みたいですね。

ASUS C200MA

お遊び用に買った、ASUSのChromebook『C200MA』です。

ディスプレイサイズは11.6インチ。

厚みとしてはXPS 13の方が薄いですが

載せてみるとほぼ大きさ一緒でした。

若干XPS 13の頭が出るくらい。重ねるとC200MAが隠れてしまうのでヒョコッと顔出し。ちょろめ。

Dragon Touch X10

大きさ近いんでAndroidタブレット『Dragon Touch X10』とも比較してみた。

こいつはディスプレイサイズ10.6インチです。

同サイズのタブレットをお持ちの方であれば、大体の感覚はつかめるでしょうか。AndroidタブレットはMediaPad M3が大活躍してるので、こいつは外観比較のためだけにある感じになってます。すまん。

Inspiron 1520

最後に10年ほど前に愛用していたDellのノートPC『Inspiron 1520』を引っ張り出してきました。こいつはまぁ、15.4インチワイドディスプレイかつ世代が違うのでアレですが…w

比べてみるとやっぱデカいな。

分厚すぎでは。

そりゃそうだよね。

ちなみに我が家のWindowsデスクトップPCは、DellのStudio XPS 8100です。FF14やるために買ったのですが、廃人になってしまうことに気付いたのでFF14とともに休止状態です。VRとかで遊びたいので、こいつもそろそろ新調したいところですね…

あと初期の方に使っていたAndroidスマホも、DELL Streak(001DL)だったりします。

そんな感じでDELLさんには結構長い間お世話になっているので、公にアンバサダーという形でこのようにアピールできるのは非常に嬉しいですね。

余談でした。

Dellの薄型軽量ノートPC『XPS 13』ファーストインプレッション

XPS 13でゲームはどれだけ遊べるのか?色々試してみた

デル アンバサダー座談会に参加してきました