フルHD短焦点プロジェクター『BenQ HT2150ST』外観レビュー

1.5mで100インチの大画面投影が可能な短焦点プロジェクター

BenQアンバサダープログラムのモニター企画にて、フルHDの短焦点プロジェクター『HT2150ST』をお借りしました。本記事では外観や機能概要についてご紹介します。

LRM_20170201_103944

箱は両手で抱えるのが精一杯な大きさ。ドドンって感じです。

LRM_20170201_104055

さっそく開封してみると

LRM_20170201_104148

真っ黒なキャリングケースがおでまし。

LRM_20170201_104228

取っ手がついてるのでそのまま持ち運べます。プレゼンやらイベントに持っていけそうです。

LRM_20170201_104238

前面ポケットには電源コードや説明書、リモコン等を収納できます。

LRM_20170201_104256

キャリングケースのチャックをぐるりと開けると本体が出てきます。

こちらがプロジェクター『HT2150ST』本体です。

LRM_20170201_104448

外形寸法は、幅380.5 x 高さ121.7 x 奥行き277mm‎。

LRM_20170201_104456

本体カラーはホワイトで丸みを帯びたボディをしています。重量は約3.6kgと、オフィス等で使われる一般的なプロジェクターよりひと回り大きい印象。

LRM_20170201_104631

iPhone 7 Plusを並べてみました。何となく大きさのイメージが伝わるでしょうか。

LRM_20170201_104958

前面はシルバーのアルミ調。正面左に排熱口、中央右にレンズという配置。解像度はフルHD 1080p(1920x1200)となっています。

LRM_20170201_104506

電源や入力端子系は背面に集約されています。HDMIとUSB端子を備えているので、Fire TV Stick等を挿して映像コンテンツを映すことが可能。10Wx2のチャンバー型スピーカーを標準搭載しており、本機単体でも迫力のあるサウンドを楽しめます。

LRM_20170201_104609_

入力端子‎

  • HDMI端子(v1.4a)x2(内1つはMHL対応)
  • ミニD-sub15ピンx1
  • オーディオミニジャックx1‎

出力端子

  •  オーディオミニジャックx1‎

制御端子(PCコントロール)‎

  • RS232c端子x1
  • USB Type Mini-B x1
  • USB Type-A端子x1(給電専用)
  • 12Vトリガー‎

HT2150ST製品情報ページより抜粋

電源や本体設定の操作ボタンはわかりやすい物理ボタンで行えます。実際に操作してみると実感しますが、シンプルで使いやすいボタンです。

LRM_20170201_104652

暗所で光るバックライト付きリモコンも優秀。映像コンテンツを楽しんでいる途中でもプロジェクターの調整ができちゃいます。

LRM_20170226_223647

ズームとフォーカスはダイヤル式なので手を使って微調整ができます。ピント調整と最大1.2倍の光学ズーム機能を搭載しています。詳細は別記事で書きますが、1.5mの投写距離で約100インチの大画面投写が可能です。とにかくこれが凄い。

LRM_20170201_104747

本体下部には調整脚が付いているため高さ調節も容易です。

LRM_20170201_104837

以上、ザックリですが外観と機能概要についてご紹介しました。

LRM_20170201_104554_

次回は実際に壁に投影してみた様子をお届けします。

想像以上でした。1.5mで100インチ投影可能なプロジェクター『BenQ HT2150ST』の高画質っぷりに驚愕