お掃除自動化の最強タッグ。ルンバとブラーバの合わせ技は凄かった

ルンバを購入しました

アイロボットファンプログラムの企画にて、アイロボット社の床拭きロボット『ブラーバ』のモニターに参加しています。

その最中、アイロボット社のロボット掃除機『ルンバ』を買いました。

IMG_7798

購入したのはRoomba 980。

IMG_7799

以前モニター体験させていただいて非常に活躍してくれたので、このたび購入に至りました。

IMG_7804

そして、現在お借りしているブラーバ380jと並べてみました。

IMG_7806

大きさの違いが結構あります。ちなみにお値段的にも3倍くらいの価格差があります…

IMG_7812

それにしてもこのフォルム。超格好良くないですか?

IMG_7822

ブラーバと併走なんての不可能ではありません。

IMG_7816

あまり意味が無いのでやらないけど。

IMG_7811

ルンバとブラーバを合わせて使ってわかったこと

せっかくの機会なのでルンバとブラーバ、合わせて使ってみることにしました。我が家ではルンバで掃除をかけたあとにブラーバで水拭きをするという運用をしてみました。

IMG_7831

これがとにかく気持ち良い。ルンバが床に落ちているほとんどのゴミを回収。ブラーバがわずかに残った細かいゴミを絡めとる+水拭きという形になるので、床がほんとに綺麗になります。

連携の強化を希望

唯一の難点を挙げるとすれば、ルンバは時間指定で自動起動の設定ができるのに対し、ブラーバは手動で起動するしかないという点でしょうか。現状では「ルンバの掃除が終わったのを確認してからブラーバを起動する」という流れがどうしても手動になってしまいます。

IMG_7832

理想としてはルンバの掃除が終わり、ホームベースに戻ったのをキーとしてブラーバが動き出して欲しいところです。両者間の連携ができていない点は大変惜しいです。

少し価格が上がってしまうかもしれませんが、ブラーバにもルンバ同様のアプリ連携機能を搭載し、時間指定での起動ができればさらに快適になるのかなと思いました。

ルンバだけ、ブラーバだけでも。導入を強くおすすめします

残念ながらブラーバのモニター期間が終わってしまうため、最強タッグは早くも解散です。

IMG_7828

今後は手動でクイックルワイパーをかける前に、ルンバさんが道を切り開いてくれるでしょう。

IMG_7802

どちらを買うべきか

我が家ではひとまずルンバを採用することにしましたが、自動化することで掃除のストレスは大幅に減ります。外出中や入浴中にルンバをかけておいたり、洗濯をしながら、料理をしながらお掃除を済ませるなんてことも可能です。

ハッキリ言って安い買い物とは言い難いですが「忙しくて掃除をする暇がなかなか無い」「掃除をするのが面倒」といった方がルンバを導入すると、ほとんどのケースでお値段以上の価値を見出だせるのではないかと感じています。

予算があるのであれば迷わず最新機種を選びましょう。アプリ連携ができるのも本記事執筆時点ではルンバ980のみとなっています。

アプリ連携は不要、機能は最低限で十分、ということであれば、少し前のモデルやエントリーモデルという選択肢もあります。

価格的にちょっと手を出しづらいという方にはブラーバをオススメします。フローリング主体のお宅であれば、ブラーバ単体でも十分活躍してくれるでしょう。

自分の手を使わず綺麗に磨かれた床を歩く感覚は、言い知れぬ優越感があります(笑)

いずれも生活に必須とまではいきませんが、あれば確実に快適になる家電です。少しでも掃除の煩わしさを感じているのであれば導入を強くおすすめしたい製品です。