Fire TV Stickでリビングのしょぼいテレビが進化した話

Fire TV Stick買いました

この記事は『ガジェ獣 Advent Calendar 2015』7日目の記事です。

先日Fire TV Stickを購入したので、この機会にサクッとご紹介したいと思います。

プライムビデオ

購入の主な目的は、国内で2015年9月に開始されたサービス「プライムビデオ」をリビングで楽しむためです。

プライムビデオはAmazonプライム会員(年会費3,900円)だと無料で見れる動画コンテンツがたくさんあります。動画配信サービスが多数出てきた昨今、他サービスとの配信数など比較したいところですが…残念ながら正確な配信数は未公表となっているようです。

以前からApple TVやChromecast、Fire TVなどの製品は気になっていました。今回のプライムビデオの登場により、Fire TV Stickの価格が手頃(一番安いモデルは4,980円)なことに加えてプライム会員のメリットが拡大したということもあり購入に踏み切りました。

プライムビデオ自体はサービス開始当初にチラッと眺めてみたのですが、正直それほど魅力を感じなかったんですよね。

スクリーンショット 2015-12-07 23.09.15

しかしながら実際に使ってみると、PCで見た時と視点が変わるためか、結構楽しめるコンテンツが多いことに気付かされました。

Fire TV Stick

プライムビデオの話は一旦置いておいて、Fire TV Stickについてザッと触れておきます。

IMG_5925

パッケージにも書いてありますが、冒頭で書いたプライムビデオの他にもGYAO!やTwitch、ニコニコ動画にも対応。これひとつで様々なコンテンツを視聴することができます。

IMG_5933

本体はその名のとおりスティックサイズ。基本的にはこいつをHDMI端子のあるテレビやディスプレイに差し込み、ネットワークに接続するだけで使えます。

IMG_5921

ひとつ気をつけなければならないのは電源供給が必要な点でしょうか?まぁ電源アダプタは付属していますし、テレビやディスプレイの近くであればコンセントもあると思うのでそれほど問題ないですかね。

IMG_5923

HDMI端子に差し込みにくい場合に役立つ延長ケーブルも付いています。

IMG_5922

電源と延長ケーブルを接続すると少々不格好になってしまいますね。

IMG_5937

これをHDMI端子に接続します。

IMG_5939

画面の操作は付属のリモコンでポチポチ行ないます。本体との接続はBluetoothなのでテレビにリモコンを向ける必要はありません。物理キーなのがAmazonわかってるって感じですね。

IMG_5934

ボタンも少なくコンパクトで軽いです。

IMG_5935

単4電池2本で駆動。ちなみにスマホアプリもあります。音声リモコンモデルもありましたが、スマホアプリでも音声検索機能があるので安いやつで良いかなと。

IMG_5936

画面の指示にしたがって初期設定を終えるとサクッと使えるようになります。

IMG_5940

開封から10分足らずでこの状態です。かがくのちからってすげー

名作映画から最新アニメまで

細かい作品の紹介は省きますが、名作映画から最新アニメまで無料で見れるコンテツがメチャクチャありました。

HEROESやプリズン・ブレイクなど人気の海外ドラマシリーズから始まり、アンパンマン、ごちうさ、ハレグゥが並んでいたりと…かなりカオスなラインナップとなっております。ほんともうどういう基準なのかよくわかりません。

子供向けコンテンツが充実

個人的に嬉しかったのは子供向けの無料コンテンツが充実していた点です。我が家には3歳になる娘がいるのですが、娘が楽しめる作品も多数そろっていました。

たとえば「はなかっぱ」「おさるのジョージ」「しまじろう」「妖怪ウォッチ」などは、一部の話数を除いてすべて無料で見れました。

スクリーンショット 2015-12-07 22.45.31

子どもに人気のコンテンツが見れるのは、子を持つ親としては非常に助かります。

ドラマやアニメは続きがシームレスに自動再生

また、ドラマやアニメなど続く話がある作品では、動画の終了間際にすぐ次の話が読み込まれシームレスに自動再生されます。

WS001895_

これめちゃくちゃ便利なのですが、ボーッとしてると無限に続いてしまい区切るタイミングを見失います(笑)

プライムビデオ限定作品も

さらには作品数こそ少ないものの、プライムビデオ限定で配信されている作品もあります。

スクリーンショット 2015-12-07 22.44.59

こういった限定コンテンツが今後拡充されると嬉しいですね。

リビングのしょぼいテレビが進化

とにかく一番のメリットは、リビングのしょぼいテレビが大幅に進化した点です。Fire TV Stickひとつ差すだけでここまで活躍してくれるとは想像以上です。

プライムビデオ自体はスマホやタブレット、PCでも見ることはできます。とはいえリビングのテレビでゆったり見るのはやはり格別です。僕の場合はすでにプライム会員だったので、わずか5,000円程度の投資でこれだけ楽しめて非常にお得だなと感じました。

これまで特筆して便利だったのは「お急ぎ便」や「Kindleオーナーライブラリ」くらいでしたが、プライムビデオにプライムミュージックと、ようやくプライム感が増してきた印象です。

我が家の時間泥棒がまた増えました。

2017年2月 追記:音声認識リモコン付属でお買い得な新型が出ました。