質感は値段相応だが意外と満足。AukeyのApple Watch用牛革ベルト「AP-B1」レビュー

普段使いとしてどうでしょう

Aukeyからサンプル提供いただいた、Apple Watch用の牛革交換ベルト「AP-B1」のレビューです。Apple Watch 42㎜用となっています。

IMG_2636

僕が所有しているApple Watchは「42㎜ステンレススチールケースとリンクブレスレット」というモデルです。

IMG_7003

値段の分しっかりした作りになっているのですが、ファッション的に合わないシーンが結構あります。

IMG_7025

そんな時に役立つのが交換用のベルトです。

IMG_2637

本製品の説明には "柔らかい本革調素材" と書かれていますが、質感に関してはハッキリ言って「値段相応」。ペラペラです。

IMG_2638

しかしながらそれが功を奏して「普段使いに最適なベルト」であるとも言えます。理由は後述するとして…さっそく付け替えてみましょう。

IMG_2641

ベルトを外すには、Apple Watch本体裏にあるボタンをツメで押しながら

IMG_2642

横にスライドさせていきます。

IMG_2644

上下のベルトを押さえて並行にスライドせていくとスムーズに外れます。ベルトを外すのは今回が初めてだったため、ちょっと苦戦しました(@_@;)

IMG_2645

続いてAukeyのベルトを装着してみます。ベルトには裏表があるので留め金部分をよく見て正しい向きで装着させましょう。

IMG_2639

留め金部分に置かれた3つの楕円のうち、中央にへこみがある方が裏面です。この部分が先ほど押し込んだボタンの位置になります。

IMG_2648

外した時と逆の手順で横からスライドさせていきます。

IMG_2647

上下とも装着してサクッと完成。

IMG_2649

表側はこんな感じです。

IMG_2650

それではApple Watch恒例、おっさんの腕に装着した様子をご確認ください。

IMG_2654

IMG_2655

IMG_2656

IMG_2657

はじめは少々安っぽい印象が強かったのですが、慣れてしまえば気にならないレベルですね。付け心地は自然で一日中装着していても特に違和感は感じませんでした。

IMG_2651

冒頭にて「値段相応」と書きましたが、ベルト部分がペラペラでめちゃくちゃ軽いです。

IMG_2662

IMG_2664

また、留め金部分なども非常にチープです。

IMG_2661

とはいえ遠巻きに見ると、そういった質感はあまり目立たない不思議。

IMG_2652

試しに買ってみるくらいの気持ちで買えば、意外と満足してしまうかもしれません。価格も手頃なため「何かにぶつかった時に傷が付かないか…」といった不安からも解放されます(笑)

IMG_2659

これまで純正ベルトのみ使用していましたが、着脱が容易なことがわかったので利用シーンに応じてベルトを揃えるのもありかなと思いました。

IMG_2663

まずはこのベルトを「普段使い」として存分に活用するところから始めていこうかと。

調べてみるとサードパーティ製のベルトって結構出てるんですね。

今回レビューしたベルトは手頃な価格がウリですが質感は値段相応でした。純正並みのクオリティを期待するのであれば、それなりの価格帯の製品を選ぶのが無難でしょう。