ごく一部のiPhone 6 Plusで背面カメラに不具合があることが判明。対象の場合は無償交換へ

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム

Appleが『iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム』を発表しました。

一部のiPhone 6 Plusで、背面カメラのピントが合わず、撮影した写真がボヤけるといった症状が確認されたそうです。(iSight カメラというのは背面カメラのことです)

ごく一部の iPhone 6 Plus で、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明しました。影響が確認されているのは、主に 2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6 Plus です。

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム - Apple サポート

自分のiPhoneが対象かどうかは、カメラ交換プログラムのページで確認することができます。

手元のiPhone 6 Plusのシリアル番号を入力したところ、僕の端末も対象になっていました。

2015-08-22_17_02_39

対象端末をApple Store直営店などに持っていくと、Apple側でも該当の症状が起きてるかを確認。症状が確認できれば交換対応を行う流れとなります。

カメラが正常に動作していれば交換対応とならない場合がある、との報告も見かけました。

修理で預けた「iPhone 6 Plus」を受取に行った際に確認しましたが、問題の症状が出ていない場合、交換対応とならない可能性があるとのこと。

また、その症状とはGeniusの方曰く、ピントが全く合わなくなるそうです。

私の場合は、写真が白くボヤける症状があったので、その場で交換となりましたが、Geniusの方でも判断が難しいところのようで、取り敢えず、気になる方は同プログラムに申し込んで欲しいとのことでした。

「iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム」をApple Storeで早速体験してみた ー 原則、一時預かりでの修理に | 気になる、記になる…

あくまで「ごく一部」の端末が対象ということでしょうか。僕の端末は今のところ問題なく使えていますので、わざわざ持って行かなくても良いかなと判断しました。

もしお手持ちのiPhone 6 Plusの背面カメラに該当する症状が発生している場合は、シリアル番号を確認した上でApple Storeに問い合わせてみましょう。

なお、基本的にはカメラのみの交換となりますが、画面のひび割れなどカメラの交換に支障をきたす損傷がある場合はそちらを先に修理するとのこと。場合によっては別途修理料金がかかることがありますのでご注意を。