Galaxy S6 edgeにSo-netのプリペイドSIM『Prepaid LTE SIM』を入れてみた

Galaxy S6 edgeにプリペイドSIMを入れてみた

GALAXYアンバサダープログラムでモニターとしてお借りしているGalaxy S6 edge。docomo版ということで、せっかくなのでSIMを差して使ってみることにしました。

IMG_6971

手持ちでdocomo回線のnanoSIMが無かったためMVNOのプリペイドSIMを調達。軽く調べてみたところ、一番コスパの良さそうだったSo-netのPrepaid LTE SIMを買ってみました。

IMG_6965

今回購入したのはデータ通信専用のプリペイドSIM。データ容量として2GB分、最長30日間利用できるタイプです。Amazonでの取り扱い価格は3,000円前後でした。

IMG_6966

以下の3ステップで利用できるようになります。

  1. SIMカードを端末にセット
  2. 利用端末でAPNを設定
  3. Webサイトから利用開始手続き(アクティベート)を行う

さっそくやってみましょう。

SIMカードを端末にセット

まずは端末にSIMをセット。Galaxy S6 edgeのSIMカードのサイズはnanoSIMです。Xperia Z3など、わりと最近の機種ではこのサイズの端末が増えてきましたね。

IMG_6968

SIMトレイを取り出してセットします。

IMG_6972

SIMカードのセットは端末を再起動して完了です。簡単ですね。

IMG_6978

利用端末でAPNを設定

続いてAPNの設定を行います。設定情報は付属の説明書に記載されています。

IMG_6967

「設定 > モバイルネットワーク > APN > 追加」で新規APNの設定を追加。

「APN」「ユーザ名」「パスワード」「認証タイプ」の4項目を設定し保存します。

2015-05-11 13.51.48

作成したAPNを選択して完了。

2015-05-11 13.52.02

LTEの電波を掴むようになります。

2015-05-11 13.52.33

Webサイトから利用開始手続き(アクティベート)を行う

最後に専用サイトから利用開始手続き(アクティベート)を行います。説明書に記載のWebサイトへアクセスし、SIMカードの台紙裏に印字されているSIM電話番号とパスワードを入力。

2015-05-11 13.53.54

利用プランを確認して、個人情報を入力していきます。

クレジットカード情報を登録するとチャージも可能になるようですが、今回はスキップ。

2015-05-11 13.58.48

必須項目をすべて入力すればアクティベートが完了。

2015-05-11 13.59.20

これでようやく利用できるようになりました。

2015-05-11 13.59.30

専用サイトではデータ使用量など利用状況の確認もできるようです。

2015-05-11 14.08.41

プリペイド型であれば手軽にMVNOのSIMを試せる

自宅で23時頃に軽く速度測定したところ、実測値としては下り1〜2Mbps程度でした。TwitterやWebページの閲覧程度であればまぁ普通に使えるレベルです。

追記:平日10時頃に大手町駅の地下で計測したら下り20Mbps前後出てました。地下鉄乗車中もネット接続できてたので、普段使いでも問題ない印象です。

2015-05-12 03.31.16

ところが、19時頃に同じ場所で計測すると下り1Mbps前後とダダ下がり。混雑時はどうしても低速になってしまうようです。

それにしてもサクッとGalaxy S6 edge単独でデータ通信できるようになりましたね。残りのモニター期間ではガンガン外で使っていこうかと思います。

IMG_6983

この類のプリペイドSIMは大体3,000円前後でお試しできるので、実際どのMVNO事業者のSIMが使えるかの指標になりそうですね。