Visual Studio Codeのフォント変更方法

Microsoft製のコードエディタVisual Studio Code

Build 2015のキーノートで公開されたMicrosoft製のコードエディタVisual Studio Code

スクリーンショット 2015-04-30 09.50.24

Macでも使えるということでさっそく入れてみました。まだ本格的に触れていませんが、とりあえずフォント設定の変更方法だけメモしておきます。

フォントの変更方法

Preference > User Settingsを選択。
スクリーンショット 2015-04-30 09.39.15
左カラムにDefault Settings、右カラムにsettings.jsonというファイルが開かれます。
スクリーンショット 2015-04-30 09.57.57
ちょっとわかりづらいのですが、Default Settingsの方は編集できません。こちらに記述されてる設定からカスタマイズしたい項目をsettings.jsonにコピペして、値を変更することで設定が反映されます。
スクリーンショット 2015-04-30 09.42.21
フォントまわりではfontFamilyやfontSizeの設定ができるようです。
スクリーンショット 2015-04-30 09.43.35
settings.jsonに設定を記述して保存すると即反映されます。
スクリーンショット 2015-04-30 09.43.57

OS毎のsettings.jsonの配置場所は以下のとおりです。

  • Windows %APPDATA%\Code\User\settings.json
  • Mac $HOME/Library/Application Support/User/settings.json
  • Linux $HOME/.config/Code/User/settings.json

Customize Visual Studio Code

軽くコード書くときはSublime Textを使っていましたが、Visual Studio Codeの使い勝手によっては乗り換えも検討したいですね。