格安SIMはなぜ安い?どれを選べばいいの?MVNO17社のSIMが勢揃いした「格安SIMタッチ&トライイベント」

ITmedia Mobile主催「格安SIMタッチ&トライイベント」

4月13日に開催された、ITmedia Mobile主催の「格安SIMタッチ&トライイベント」に参加してきました。

IMG_6377

ITmedia Mobileの田中編集長が司会進行を担当。ジャーナリストの石野純也さんをゲストスピーカーに迎え、終始なごやかな雰囲気で格安SIMの基本説明やトークセッションが行われました。

2015-04-13 19.57.21

会場にはSIMフリー端末がズラリと鎮座。MVNO17社の格安SIMが勢揃いです。

2015-04-13 18.46.40

実際に手にとってその使用感を確かめることができました。

2015-04-13 18.48.52

本記事では当日の内容や、現状の格安SIM料金プランまとめなどをザックリお届けします。

格安SIMはなぜ安い?

まずはゲストスピーカー石野さんより、格安SIMの仕組みやトレンドを語っていただきました。

そもそもMVNOってどういう仕組なの?

そもそも「MVNOとは何ぞや?」というお話から。

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、Mobile Virtual Network Operator, MVNO)は、携帯電話やPHSなどの物理的な移動体回線網を自社では持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、自社ブランドで通信サービスを行う事業者のこと。対義語として、自社網をMVNO事業者に提供する側を、移動体通信事業者(MNO)と呼ぶ。

仮想移動体通信事業者 - Wikipedia

docomoなど自前の設備を持つ携帯電話事業者のことを「MNO」。日本通信やIIJなど自前で無線設備を持たず、MNOから帯域を借りてユーザーに提供する携帯電話事業者のことを「MVNO」と呼びます。

2015-04-13 19.11.37

MVNOは自前の設備を用意する必要がないため、MNOと比べてサービス提供にかける準備が少なくて済むわけですね。

ではなぜ料金がこんなにも安いのか?

昨今MVNOの参入が相次いでいるのは、MNOに対して「設備の貸し出し申請は原則として拒否できない」という法規制がかけられているからです。

2015-04-13 19.18.08

設備を借りるための接続料は「10Mbpsごとにいくら」という帯域課金となっているのですが、その費用が年を追う毎に大幅に低下していることが新規参入を加速させる大きな要因となっています。

2015-04-13 19.14.15

自前の設備を用意する必要もなく、サービス提供にかける費用も安く済ませられる。それゆえユーザーに提供するサービスの利用料金も安くできるわけです。

2015-04-13 19.19.45
参入事業者が増えれば価格競争が起きる。MVNO各社が利用料金をどんどん下げている背景には、このような事情があったのですね。

MVNOが持っている帯域は各社異なる

現在主流となっているMVNOはdocomo回線を利用しているケースが大半です。ところが同じdocomoの回線であっても借りている帯域は各社で異なります。

2015-04-13 19.31.54

つまりは利用料金の違い以外にも、通信品質の高さや実測値が大きく異なってくるのです。

イベント当日の実測値を公開

イベントでは当日の朝と昼に各社の実測値を測定。

2015-04-13 19.34.26

朝の9時台に1回、昼の12時台に2回と、計3回の計測による平均値を取ったとのこと。

2015-04-13 19.36.31

結果としてはIIJ、楽天モバイル、DMM mobileの順で、良い数値が出たようです。

2015-04-13 19.38.09

IIJは本家のdocomoより優秀な速度が出るなど、なかなか面白い結果となっていました。

2015-04-13 19.42.24

au系では、朝好調だったmineoが昼の混雑時間帯には一気にダウン。同じ時間帯にUQ mobileがau並みの速さを出すなど、時間による速度の変化も見られました。

2015-04-13 19.45.13

速度に関しては実際使ってみないとわからない部分が大きいですね。

加速するMVNOの差別化

料金が同じでも速度に違いが出ることはわかりました。音声通話対応プランもスタンダードになってきましたね。

2015-04-13 19.45.43

ではMVNO各社はどこで差別化をはかっているのでしょうか。

販路で差別化

差別化のひとつとして実店舗を設ける事業者も出てきました。大手キャリアでは各ショップにて端末と一緒に回線契約できたわけですが、MVNOの場合はネットでSIMカードを購入&契約。ネットワークへの接続などもすべて自分で設定する必要があります。

2015-04-13 19.47.07

これらに対する不安の声を解消する方法として、実店舗でのサポートを提供するというのはかなりの安心感を与えられそうですね。また「即日開通」できるというのも大きなメリットです。

既存サービスとの連携

楽天モバイルやDMM mobileなど、会員基盤を持っているMVNOでは既存サービスと連携することで、価格以外のメリットを打ち出しています。確かに自分がすでに利用しているサービスであれば契約もスムーズでしょうし、何より安心感があります。

2015-04-13 19.47.50

独自端末で展開

SIMカードとセットで独自端末を展開する事業者も多いです。良くも悪くも注目を集めた「VAIO Phone」など、メーカーブランドを全面に出した端末でユーザーを引き込むわけです。

2015-04-13 19.48.20

おもしろい端末が出れば、僕みたいなガジェット好きはホイホイ釣られると思います(笑)

各社の料金プランまとめ

以下、現時点でのMVNO各社の料金プランまとめをITmediaさんの記事から引用させていただきます。各社の料金プランが気になる方はぜひご参考ください。

引用元:格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる | SIM LABO - ITmedia Mobile

最安値データSIM
サービス名 プラン名 月額料金(税別) 通信速度 通信容量上限
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 480円プラン 445円 250kbps 無制限
ServersMan SIM LTE 467円 250kbps 無制限
楽天モバイル ベーシックプラン 525円 200kbps 無制限
DMM mobile 1GB 660円 150Mbps 1Gバイト/月
freetel mobile ネットし放題1GB 670円 150Mbps 1Gバイト/月
BB.exciteモバイル LTE 3Gコース 670円 200kbps 無制限
So-net モバイル LTE ハイスピードS2プラン 700円 150Mbps 30Mバイト/日
Wonderlink(パナソニック) LTE-I-2Gシングル 700円 150Mbps 2Gバイト/月
楽天ブロードバンド エントリー2!プラン 700円 150Mbps 600Mバイト/月
ASAHIネットLTE 128Kプラン 748円 128kbps 無制限
SkyLinkMobile(エレコム) フリーデータコース 780円 300kbps 無制限
U-mobile データ専用 1GB 790円 150Mbps 1Gバイト/月
nifty do LTE エントリーにねんプラン 850円 150Mbps 200Mバイト/月
mineo シングルタイプ 850円 150Mbps 1Gバイト/月
PLAY SIM プラン80M/day 880円 150Mbps 140Mバイト/日
IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタートプラン 900円 150Mbps 3Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G エントリープラン 900円 150Mbps 3Gバイト/月
NifMo 3GBプラン 900円 150Mbps 3Gバイト/月
BBIQスマホSIM d 900円 150Mbps 2Gバイト/月
OCN モバイル ONE 110MB/日コース 900円 150Mbps 110Mバイト/日
b-mobile X SIM プラン「I」 900円 150Mbps 1.01Gバイト/月
b-mobile X SIM プラン「N」 900円 150Mbps 51Mバイト/日
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン 900円 150Mbps 50Mバイト/日
hi-ho LTE ミニマムスタート 933円 150Mbps 3Gバイト/月
スマOFF(ブックオフ) 980円 150Mbps 70Mバイト/日
UQ mobile データ高速プラン 980円 150Mbps 2Gバイト/月
pointy SIM ライト70MB/日 999円 150Mbps 70Mバイト/日
freebit mobile 1000円 500~600kbps 無制限
b-mobile 基本使用料0円SIM 0~3600円 150Mbps 1Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 二段階制定額プラン 362~2362円 150Mbps 100Mバイト/日
U-mobile データ専用 ダブルフィックス 680~900円 150Mbps 3Gバイト/月

※2015年4月2日更新
※freebit mobileは端末とのセット販売のみ
※Wonderlinkの月額700円は、2015年4月6日11時までに申し込んだ場合

最安値音声SIM
サービス名 プラン名 月額料金(税別) 無料通話分 通信速度 通信容量上限
楽天モバイル ベーシックプラン 1250円 200kbps 無制限
DMM mobile 1GB 1260円 150Mbps 1Gバイト
freetel mobile ネットし放題1GB 電話プラス 1270円 150Mbps 1Gバイト
b-mobile SIM 携帯電話SIM 音声プランS 1290円 1300円
mineo デュアルタイプ 1460円 150Mbps 1Gバイト/月
b-mobile SIM スマホ電話SIM 1560円 150Mbps 1Gバイト/月(有料オプション)
U-mobile 通話プラス 1GB 1580円 150Mbps 1Gバイト/月
OCN モバイル ONE 110MB/日コース 1600円 150Mbps 110Mバイト/日
IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタートプラン 1600円 150Mbps 3Gバイト/月
NifMo 3GBプラン 1600円 150Mbps 3Gバイト/月
BBIQスマホSIM d 1600円 150Mbps 2Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン 1600円 150Mbps 1Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 定額ライトプラン 1600円 150Mbps 70Mバイト/日
hi-ho LTE typeD ミニマムスタート+音声通話対応SIM 1633円 150Mbps 3Gバイト/月
UQ mobile データ高速+音声通話プラン 1680円 150Mbps 2Gバイト/月
Tikiモバイル Tikiモバイル通話SIM 1850円 150Mbps 2Gバイト/月
So-net モバイル LTE LTE +Talk S 2676円 150Mbps 500Mバイト/月
Y!mobile スマホプランS 2980円 10分間までの通話を月300回まで 112.5Mbps 1Gバイト/月
U-mobile 通話プラス ダブルフィックス 1480~1780円 150Mbps 3Gバイト/月
7GB以上データSIM
サービス名 プラン名 月額料金(税別) 通信速度 通信容量上限
OCN モバイル ONE 500kbpsコース(15GB/月) 1800円 500kbps 15Gバイト/月
b-mobile b-mobile SIM 高速定額 1980円 150Mbps 無制限
DMM mobile 7GB 2040円 150Mbps 7Gバイト/月
楽天モバイル 10GBパック 2260円 150Mbps 10Gバイト/月
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 2480プラン 2297円 150Mbps 8Gバイト/月
U-mobile LTE使い放題 2480円 150Mbps 無制限
freetel mobile ネットし放題7GB 2480円 150Mbps 7Gバイト/月
IIJmio 高速モバイル/D ファミリーシェアプラン 2560円 150Mbps 10Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 2760円 3Mbps 無制限
NifMo 10GBプラン 2800円 150Mbps 10Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G ライトMプラン 2838円 150Mbps 8Gバイト/月
hi-ho LTE typeD ファミリーシェア 2838円 150Mbps 10Gバイト/月
b-mobile Platinum Data SIM for iPad 2980円 150Mbps 10Gバイト/月
b-mobile X SIM プランFlat 2980円 150Mbps 7Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G スタンダードプラン 3790円 150Mbps 10Gバイト/月
7GB以上音声SIM
サービス名 プラン名 月額料金(税別) 無料通話分 通信速度 通信容量上限
OCN モバイル ONE 500kbps(15GB/月)コース 2500円 500kbps 15Gバイト/月
DMM mobile 7GB 2740円 150Mbps 7Gバイト/月
b-mobile b-mobile SIM 高速定額 2780円 150Mbps 無制限
U-mobile 通話プラス LTE使い放題 2780円 150Mbps 無制限
freetel mobile ネットし放題7GB 電話プラス 2880円 150Mbps 7Gバイト/月
楽天モバイル 10GBパック 2960円 150Mbps 10Gバイト/月
IIJmio 高速モバイル/D ファミリーシェアプラン 3260円 150Mbps 10Gバイト/月
NifMo 10GBプラン 3500円 150Mbps 10Gバイト/月
hi-ho LTE typeD データ通信専用SIM ファミリーシェア+音声通話対応SIM 3538円 150Mbps 10Gバイト/月
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 3736円 3Mbps 無制限
BIGLOBE LTE・3G 音声通話SIM ライトMプラン 3738円 150Mbps 8Gバイト/月
b-mobile Platinum SIM 3980円 150Mbps 8Gバイト/月
BIGLOBE LTE・3G 音声通話SIM スタンダードプラン 4690円 150Mbps 10Gバイト/月
Y!mobile スマホプランL 5980円 10分間までの通話を月300回まで 112.5Mbps 7Gバイト/月

どれを選べばいいの?

多くのMVNO参入で白熱化してきた格安SIM業界ですが、ここまで増えるともはや「選べる自由」にもほどがあるって感じです。

そんなわけで「どのMVNOを選べば良いのか」という重要な部分を、トークセッションのお話から切り抜いてみました。

2015-04-13 20.10.20

結論から先に言ってしまうと、IIJ、DMM mobile、OCNあたりがおすすめかなという感じです。

情報公開を積極的にしていくことで信頼度を増すIIJ

トークセッションではお二人とも強くIIJを推していた印象です。


怪しいというか名前をあまり聞いたことのない事業者の参入も増えてきた中、情報公開を積極的にしていくことで信頼を得ているようです。

  • 技術的な情報を一般のユーザーに公開してくれるので安心感がある
  • 昼間の速度が出ない理由などもきちんと説明してくれる
  • iOSのアップデートによる対応可否などの情報を出すのもメディアより早かった
  • ユーザーミートアップなどのイベントも定期的に開催している

今回の推しっぷりを聞いて、僕もそろそろ使ってみようかなと思いました。

シェア1位のOCN

シェアで見ると1位のOCN。ブランド力の強さが出ているようです。


  • NTTブランドが強いだけでなくマツコデラックスを起用した広告もインパクトがあったのでは
  • ゲオとの提携で実店舗も確保
  • ゲオではもともと中古のスマホ買取・販売もやっていたので、キャリアの端末を安価で提供できるという強みも

当ブログでもいくつか記事を書いています。

月額980円からドコモのLTEが使える『OCN モバイル ONE』の利用プランを「30MB/日」→「1.0GB/月」に変更しました

「OCN モバイル エントリー d LTE 980」で月額のモバイルデータ通信費を 5,985円 → 980円 にしてみた

業界最安値を謳うDMM mobile

先月あたりから僕も使ってるDMM Mobile。安いし速度も出るし普通におすすめです。

  • 月額料金に注目してみると「業界最安値」を謳っているだけある
  • 担当者に端末好きが多いらしく端末のラインナップも良い感じ
  • サポートも充実しているし格安SIMに真剣に取り組んでいる姿勢が見られる
  • ポイントでコンテンツ(隠語)を購入できるメリットも

「ホントに業界最安値なの?」という疑問についてはITmedia mobileさんの検証記事をご覧ください。

DMM mobileが“全14プランで業界最安”は本当?――全プランのトップ5を調べた - ITmedia Mobile

固定回線とセットで定額などファミリー向け重視の傾向も

IIJやOCN、ビッグローブなど、主要な事業者は固定回線との組み合わせに積極的になってきました。すでに利用している固定回線とセットで安くなるプランがあれば、そちらを利用するのも良いかもしれません。

  • U-mobileは光回線と組み合わせたファミリーバリュープラン(家族で3回線)で1万円など料金を安く抑えるといった戦略も進めている
  • 速度をもう少し何とかして欲しい感はあるが「光回線とモバイル回線セットで定額」というわかりやすい形で提供している点は評価できる
  • MVNOセットでモバイル回線の費用を割り引くというのがスタンダードになってきた

タッチ&トライの様子

タッチ&トライでは、手狭なデスクに並べられた端末をみんなでワラワラ集まってお触り。

2015-04-13 18.41.44

肌感としてほとんどの格安SIMが「あ…意外と普通に使えるレベルだな」という感じでした。

IMG_6373

3Mbps前後の速度が出ていれば、一般的なネット閲覧は「たまにちょっと待ちが入るかな?」くらいの感覚です。イライラするほどの遅さではありませんね。

IMG_6356

一方「ダウンロード速度はしょぼいけどアップロードだけやけに速い」というSIMもありました。

IMG_6367

スマホで大量のファイルをアップロードする機会もそうそう無いので、見るべき点はダウンロード速度ですね。

通信速度は混雑する時間帯などにも左右されるので、自分の行動範囲、日常的な使用シーンで実際に試してみるのが一番でしょう。電波の受信具合も端末によりけりな部分もあるそうです。

IMG_6349

こんな記事を書いておいて言うのもなんですが、ぶっちゃけネットのクチコミや雑誌の情報って結局参考程度にしかならないんですよね(笑)

会場で撮影した端末の写真など

ザッと会場で撮影した写真を並べておきます。タッチ&トライの時間が短く肝心の実測値の写真が少なくてすみません…(あとはじめて触る端末ばかりだったのでテンション上がってました)

まずはプリペイド型SIMでお試しを

MVNOの中にはプリペイド型のSIMを提供している事業者もあります。au系ではmineo、docomo系はU-NEXTやIIJ、So-netなどがプリペイド型のSIMを用意しています。

2015-04-14 00.03.53

まずは利用を検討しているMVNO事業者が、このようなお試しプランを提供しているかどうかを確認してみてください。メイン回線をいきなりMNPしてしまって後悔するのは損です。

SIMカード単体の価格は3000円前後が主流です。お試しでも若干のコストはかかってしまいますが「今後の通信費を大幅削減するための投資」と考えれば、そのくらいかけても良いでしょう。

スマホでネット閲覧やゲームくらいしかしないのに「毎月1万円前後の費用がかかっている…」なんて方は特に試してみて欲しいです。

格安SIM関連の記事

当ブログでもいくつか格安SIMやSIMフリー端末に関する記事を書いています。基本的には端末のレビューやSIMの設定方法、プラン変更に関するものです。

格安SIM業界は昨年あたりから動向が目まぐるしく、情報が古いものもあります。その点はご了承ください。

田中編集長曰く「1ヶ月前の情報ですら古くなってしまう場合もある」とのこと。ITmedia mobileさんでも料金プラン表の追従など苦労されているようです…

ITmediaの記事もチェック!

今回のゲストスピーカーである石野さんは、ITmediaで格安SIMやスマートフォンに関する連載記事を書かれています。最新動向をぜひチェックしてみてください。

「石野純也のMobile Eye」最新記事一覧 - ITmedia Keywords