すでにKindle端末を持っていても対象になる?30日間全額返金キャンペーンについてAmazonに問い合わせてみた

「30日間全額返金キャンペーン」すでにKindle端末を持っていても対象になるの?

Amazonの電子書籍端末、Kindleシリーズが30日間全額返金キャンペーンをやっています。

対象のKindle端末を購入後、気に入らなければ返品し全額が返金されるというキャンペーンです。ここ数日で著名なブロガーさんたちが購入レビューを書いていることもあり、このキャンペーンのことが気になっている方も多いと思います。

Kindle持ってんねんけど…

Kindleが気になる人にとっては非常に魅力的なこのキャンペーン。今回はKindle VoyageやFireタブレットシリーズも対象になっています。

ところが自分はすでにKindle Paperwhiteを持っています。

電子書籍を読むならこれ!新型Kindle Paperwhiteレビュー | Time to live forever

ここで疑問として浮かび上がるのが「すでにKindle端末を持っていてもキャンペーン対象になるのか?」ということです。

この点が引っかかりキャンペーン内容をザッと見てみたのですが、特にそのあたりの記載は見あたらず躊躇していました。

30日間全額返金キャンペーンの説明

30日間全額返金キャンペーンの説明

自分が対象ユーザーかどうか見分ける方法は?

Kindle関連のお得情報を発信しているきんどるどうでしょうさんの記事を見ると、全額返金についてのラベルが表示されているか否かで対象外になる場合があるという旨が書かれていました。

案内が表示されたりされなかったり

案内が表示されたりされなかったり

ちなみに自分のAmazonアカウントでログインすると、オレンジのラベルで「Kindleの値引きクーポンコード」の表示が。

スクリーンショット 2015-02-18 14.48.13

ログアウトした状態では青のラベルで「全額返金キャンペーン」の表示が出ていました。

スクリーンショット 2015-02-18 14.48.23

また、Kindle端末を購入したことのない別アカウントでログインしてみると、やはり「全額返金キャンペーン」のラベルが表示されていました。仮にこの表示で見分けられるとしたら、自分は対象外ということになります。

しかしながらこれはAmazon公式から得られた情報ではありません。もし自分が対象ユーザーであるにも関わらず、この不確定な情報だけで諦めの判断をしてしまうのは愚の骨頂です。

カスタマーサービスにチャットで問い合わせる

そんなわけで自分が対象であるかどうかを確認する一番確実な方法「カスタマーサービスに問い合わせ」をしてみることにしました。

以下、問い合わせ方法について少し説明します。結果だけ知りたい方は読み飛ばしてください。

問い合わせはカスタマーサービスから

Amazonへの問い合わせについては、カスタマーサービスのページに詳しく書かれています。

Amazon.co.jp ヘルプ

ページを開くと「よくある質問」などの情報がズラリと並んでいますが、今回は「カスタマーサービスに連絡」をクリック。

スクリーンショット_2015-02-18_16_01_59

カスタマーサービスに連絡

続いて問い合わせ内容についての情報を選択していきます。

問い合わせの種類

問い合わせの種類は「Fire & Kindle」を選択。こちらにはKindleアプリを入れた端末などアカウントに紐付いている端末が表示されるようですが、今回は未選択。

端末多過ぎ

端末多過ぎ

問い合わせ内容

問い合わせ内容は「キャンペーン・ポイントに関するお問い合わせ」「キャンペーンに関するお問い合わせ」を選択。

スクリーンショット 2015-02-18 16.09.06

問い合わせ方法

問い合わせ方法は「チャット」を選びました。チャットが一番早いそうです。

スクリーンショット 2015-02-18 16.09.12

電話やEメールなど、都合にあった問い合わせ方法が用意されているのはありがたいですね。

チャット開始

問い合わせ方法で「チャット」を選択すると、チャットの開始画面が表示されます。

スクリーンショット 2015-02-18 15.01.14

問い合わせ内容を入力(脱字…)

こちらに問い合わせ内容を入力してチャットを開始します。なお、チャット終了後にやりとりした内容をメールアドレスあてに送信することも可能です。

チャットを開始すると、さっそくカスタマーサービス担当の方からレスポンスが飛んできます。

チャット開始

チャット開始

気になることをどんどん聞いてみましょう。

不明点を聞いてみる

不明点を聞いてみる

今回は20分ほどチャットのやり取りをさせていただきました。

問い合わせてみた結果

そんなわけで問い合わせてみた結果わかったことを以下にまとめました。

すでにKindle端末を利用していてもキャンペーンの対象に

今回最も気になっていた点の回答がこちら。

該当のキャンペーンに関しましては、すでにKindle端末をご利用いただいているお客様も対象となります。

というわけで「すでにKindle端末を持っていてもキャンペーン対象になる」とのことです。

やったぜ。

対象は2015年4月30日までの注文分

本キャンペーンの対象商品は、KindleシリーズもしくはFireシリーズ。期間としては、2015年4月30日までに注文したものに限られます。

KindleシリーズかFireシリーズを4月30日までにご注文いただく必要がございます。返品期間は商品をお受け取り後、30日間です。

複数端末の利用もOK

また、複数の端末(モデル違いなど)を注文した場合でも、条件に当てはまっていれば適用されるとのことです。

【質問】
例えばこのキャンペーンで複数の端末(モデル違いなど)を注文して見比べて、どちらか一方を返金してもらうということも可能でしょうか?

【回答】
はい、条件に当てはまっていれば対象となります。
ご注意点としましては、KindleおよびFire本体にのみ適用されますので、コンテンツやアクセサリなど、ご購入いただいた他の商品には適用されません

また、返品は返品受付センターの返品理由で「サイト上の説明と違った」を選択の上、コメント欄にコード「KindleFire-RETURN-30」を入力の上、お手続きしていただく必要がございます。

注意点に関しては冒頭で見たキャンペーン内容のとおりですね。

返品方法について

ついでに返品方法についての不明点も聞いてみました。

【質問】
返品手続きのページを拝見させていただいたのですが、ラベルを貼ったあとの「返送」のところは、宅配業者が回収しにくるような流れでしょうか?
それとも自分で宅配営業所などに持ち込んで送る形でしょうか?

【回答】
ラベル印刷の画面で日本郵便のAmazon専用集荷サービスのお電話番号が記載されております。お手数ですが、お客さまご自身でご連絡いただき、ご都合の良い日時をご相談いただくことで配送業者がお伺いいたします。

集荷サービスをご利用されない場合は、お持ち込みいただいても結構ですが、各配送業者指定の着払い伝票に改めて返送先やお客様のご住所を記入いただく必要がございます。
配送中の紛失に備え、配送状況がわかる宅配便のご利用をおすすめしております。

Amazon専用集荷サービスというのがあるんですね。返品の際はこちらを利用するのが良さそうです。

注文してみました

というわけでひととおりの確認ができたので、ホイホイ注文してみました。

スクリーンショット 2015-02-18 15.31.09

なんだか2つ見えるのは目の錯覚だと思います。

自分の目で確かめよう

すでにKindle端末をお持ちの方も対象の本キャンペーン。注目はやはりKindle Voyageですね。

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル
Amazon (2014-11-04)
売り上げランキング: 115

E-インクディスプレイを採用したKindleシリーズのみならず、高精細ディスプレイのFireタブレットシリーズも対象となっています。

Fire HDX 8.9タブレット (ニューモデル) 16GB
Amazon (2014-11-04)
売り上げランキング: 16,723

各モデルの違いを確かめたい方は、このキャンペーン中にお試ししてみてはどうでしょうか。