有線スピーカーがあっという間に無線化。Bluetoothワイヤレスオーディオレシーバー『TaoTronics TT-BR02』

有線スピーカーを無線化したい

メーカーからサンプル提供いただいた、Bluetooth4.0ワイヤレスオーディオレシーバー『TaoTronics TT-BR02』のレビューです。

IMG_2089

母艦のWindowsデスクトップに有線接続しているスピーカーをもう少し活かしたいと思っていたところ、こちらの商品を紹介していただきました。

無線化するスピーカー

ちなみにデスクトップで使用しているスピーカーは、ロジクールのZ523BKという2.1chのPCスピーカーです。

LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z523BK

5年ほど前に買ったやつなのですが、それなりに迫力のあるサウンドが出るので気に入っています。最近は安くてもっと良い物も出ているでしょうが、特に不便してないのでそのまま使い続けています。

今回はこいつを無線化してみました。

「えっ?もう終わり?」接続するだけでBluetoothスピーカーに

無線化といっても難しいことは何もありません。本機にオーディオケーブルを接続して、再生したい機器とペアリングするだけです。

バッテリーを内蔵しているため、USB充電すれば持ち運びもできます。重量68g。メッチャ軽いです。

IMG_2093

赤白ジャックもあるのでわりと古めのオーディオ機器でも接続できそうです。

IMG_2097

再生したい機器(今回はiPhone)とBluetoothペアリング。

IMG_2107

Bluetoothの仕様などはこちら。A2DP、APTX、AVRCPに対応しています。

IMG_2124

スピーカーのオーディオケーブルを接続。

IMG_2117

以上で無線化完了。有線スピーカーがあっという間にBluetoothスピーカーになりました。

IMG_2121

「えっ?もう終わり?」って感じですよね。

でもマジなんです。たったこれだけでiPhoneに入れた音楽を大迫力のスピーカーで楽しむことができるようになりました。

もちろんBluetooth接続可能な機器であれば、WindowsなりMacBookなりAndroidタブレットなり何でも接続できます。いちいちケーブルを抜き差しする必要もありません。

凄くね?

買うしかないでしょ(笑)

これまで有線でひとつの機器にしか接続できなかったスピーカーが、こんな簡単に無線化できるなんて…ちょっと感動しました。

それなりに良いスピーカーをお持ちであれば「もっと自由に、色んな機器と接続したい!」と思うのは当たり前ですよね。Bluetoothオーディオレシーバーがあれば簡単に実現できます。

しかも、本記事執筆時点での価格はなんと2,399円です。

買うしかないでしょ(笑)