『楽園追放』を観てゼノギアスとアインハンダーをやりたくなった

楽園追放された

巷で話題の3DCGアニメ映画『楽園追放』を観た。

映画館に行く時間が取れなかったのでiTunes Storeのレンタルだけど。500円だった。
気になってる人は絶対見た方が良いと思うよ。

雑感

釘宮声も板野サーカスも存分に堪能できてこのお値段は破格。三木眞一郎イケメン過ぎるし、神谷浩史扮するフロンティアセッターのセリフ回しもたまらない。

世界観設定や地上の町の描写はゼノギアス、後半の地上再突入時の戦闘シーンはアインハンダーを彷彿とさせ個人的にはとても楽しめた。特に機動外骨格スーツ・アーハンの動き。初見で重厚に見えるあの外観であれだけ躍動感のある動きをできるのには驚いた。白兵戦もいけるのがこれまた憎い。

Twitterで流れてくる楽園追放関連のツイートではアンジェラの胸と尻にばかりフィーチャーされてる感はあるけど、純粋にSF作品、ロボットアニメとして楽しめる名作だと思う。

あと3DCGアニメでもこんなに表情豊かに表現できるんだなぁと感じた。終盤の戦闘シーンでは旧劇エヴァのアスカっぽい表情も見れて思わず唸ってしまった。


AmazonでBD買おうと思ったら在庫切れになっていたので、私は存在意義を失った。

結論

リアルワールド辛いけど偽りの自由はいらない。