iPhoneを売却・譲渡する時に要チェック!iCloud.com経由で『iPhoneを探す』を解除する方法

iPhoneを売却・譲渡する時に要チェック!

iPhone、iPadなどのiOS端末を紛失した際に便利な機能『iPhoneを探す』をiCloud経由で解除する方法のメモです。端末が手元にない場合や、すでに端末を初期化した状態でも利用できます。

初期化してもアクティベーションロックがかかったまま?

端末の初期化を行なっても『iPhoneを探す』機能がオンのままだった場合、iPhoneはアクティベーションロックがかかった状態になっています。この場合、紐付いていたApple IDとパスワードを入力しない限りそのiPhoneを他の人が使用することができません。

『iPhoneを探す』をオフにせず初期化してしまった場合でも、iCloud.com経由でこの機能を解除することが可能です。

iCloud.comの『iPhoneを探す』から登録デバイスを削除する

まずはicloud.com/#findに、Apple ID(iCloudで使用するApple ID)を使ってサインイン。『iPhoneを探す』をクリックします。

スクリーンショット_2014-09-17_17_56_09

続いて『すべてのデバイス』をクリックし、該当するデバイスを選択します。

スクリーンショット_2014-09-17_15_08_04

端末に対するアクションが表示されたら『「iPhoneを探す」から削除する』をクリックします。

スクリーンショット_2014-09-17_15_08_11_

本当に削除するかどうか確認されるので、問題なければ「削除」をクリックします。

スクリーンショット_2014-09-17_15_08_19_

これで該当デバイスの『iPhoneを探す』機能が解除され、再アクティベートが可能になります。